[最近思う事]

                                                         《1月へ》

02.12.31.

年越し蕎麦

 

 年越しには蕎麦を食べるのが習わしになっていますが、ちょいとその由来をひもとくと、

1,「運ソバ説」  
鎌倉時代、博多の承天寺で年末を越せない町人に「世直しソバ」と称してソバ餅を振る舞った。すると、その翌年から町人たちに運が向いてきたので、以来、大晦日に「運ソバ」を食べる習慣になったという。「運気ソバ」あるいは「福ソバ」とも言う。

2,三稜(みかど・三角)縁起説
室町時代、関東三長者の一人であった増淵民部が、毎年の大晦日に無事息災を祝って「世の中にめでたいものは蕎麦の種 花咲きみのりみかどおさまる」と歌い、家人ともども「ソバがき」を食べたのがはじまりとする。

3,「細く長く」の形状説
ソバ切りは細く長くのびることから、家運を伸ばし、寿命を延ばし、身代を永続きさせたいと縁起をかついだ。「寿命ソバ」(新潟県佐渡郡)「のびソバ」(越前)とも言う。

4,「切れやすい」ことからの形状説
ソバは切れやすい。そこから、一年の苦労や厄災をきれいさっぱり切り捨てようと食べるという説。「縁切りソバ」「年切りソバ」とも言う。また、一年中の借金を断ち切る意味で「借銭切り」(岡山県賀陽町)とも。どちらも残さずに食べ切らないといけない。

5,蕎麦効能説
「本朝食鑑」(元禄十年・1697)に蕎麦は「気を降ろし腸を寛(ゆるく)し、能(よ)く腸胃の滓穢積滞を錬る」とあるように、ソバによって体内を清浄にして新年を迎えると言う説。薬味のネギは、清めはらう神官の禰宜(ねぎ)に通じる、との俗説もある。

6,捲土重来説
ソバは一晩風雨にさらされても、翌朝陽が射せばすぐに立ち直る。それにあやかって「来年こそは」と食べる。

7,金運説
金箔を打つとき、打ち粉にソバ粉を使うと金箔の裂け目を防げ、裂け目が出来ても一箇所に寄ってくっつく。また、金銀細工師は飛び散った金銀の粉を掻き集める時にもソバ粉を使う。そこから、ソバは金を集めるという縁起で食べるようになったとする。この説が、一番有名です。

 「そば・うどん百味百題」日本麺類業団体連合会 柴田書店刊より

 年越し蕎麦を食べる人が少なくなってきたように思いますが如何ですか。蕎麦よりラーメンと言う御仁も現れ、インスタントラーメンで代用なんて、悲しい。

 

 

02.12.30.

巨星落ちる

 

 今年亡くなられた方々の中から演芸関係者をピックアップすると、
海老一染太郎(70)太神楽、「いつもよりたくさん回しております」、「おめでとうございま〜す」のかけ声で親しまれた曲芸師。2月2日死去。
柳家小さん(87)落語家、落語界初めての人間国宝。落語協会会長、落語界のドン。息子の三語楼、孫の小緑共々落語家一家。趣味;剣道。5月16日死去。
坊屋三郎(92)ボードビリアン、俳優。「あきれたぼういず」時代が懐かしい。5月25日死去。
ご冥福をお祈りします。合掌。

 

 

02.12.29.

東京ミレナリオ

 

 行って来ました。寒空の下北風が吹いて、おーさむです。5時半点灯と言われていましたが、5時過ぎには大勢の人が点灯されたアーチの下を歩いていました。主催者側の説明では一晩で30万人の来場者があるそうです。何か無機的で寒々するのは寒さのセイだけではなく、屋台の一つもなく、沿道の店もお行儀良く歩道に店をはり出している所は一軒も有りません。アーチをくぐった人は駅に直行する以外有りません。道路は東京駅から有楽町にかけて一方通行、出た所で振り返って撮っています。

 

 

02.12.29.

しめ飾り

 

 年神様を迎えるためのお飾りです。しめ飾りには縁起物が飾られ、ワラ(一年の邪気を払う)、ダイダイ(代々繁栄するように)、昆布(喜ぶ)、ウラジロ(後ろ暗いところが無いよう)、海老(腰が曲がるぐらい長寿)を祈願して、神様を迎えるのです。飾るのは12月の中旬から、家庭では25〜6日頃からで、29日は苦労する、31日は一夜飾りと言って避けます。そして、1月7日ではずす所と15日ではずす所に別れるようです。最近は町内会で印刷されたものを配ってくれます。それを玄関に張るだけです。”絵に描いた餅”ならぬ絵に描いたしめ飾りです。鏡餅もパックに入ったものですし、ダイダイを乗せるのではなくミカンで代用しています。
 当家では未だ飾っていませんので、飾れるのは明日一日だけです。

 

 

02.12.28.

しゃぶしゃぶ

 

 タンしゃぶを食べました。ただのお湯にお酒を少々、そこに牛タンの薄切りをしゃぶしゃぶしてポン酢で食べます。焼き肉なら分かります、その美味さ。ところが、ポン酢味のしゃぶしゃぶは絶品。あまりの美味しさにホッペが落ちたまま口も利けませんでした。お肉やさんの業界では良く食べられていたのだそうです。やみつきになりそうです。今、口が利けないので、指でキーボードを叩いています。幸せ!。

 

 

02.12.26.

リモコン

 

 TVのリモコン、エアコンのリモコン、大変便利で重宝しています。わざわざ歩いて行かなくてもチャンネルを回したり、音量を調節したり、無くてはならない物の代表です。その逆にこれって本当に必要なの?って言うリモコンがあります。その代表がトイレのウォシュレットの操作ボタン。普通は本体のところに出っ張って操作部分が付いていますが、それで何にも不自由は感じていません。最近のは操作部分が壁に取り付けられています。リモコンになっていてそこから電波で本体を動かしています。手を腰の横に持っていくか、壁に持って行くかだけの違いです。機器は複雑になれば、なっただけ故障率が高くなります。電池も入れ替えなくてはいけないし、ここまでして何のメリットが有るのでしょうか。

 

 

02.12.25.

飛行機雲

 

 息子が小さい時、私に聞きました「どうして、飛行機雲が出来るの」。このような質問は得意ですから、直ぐ答えました。「飛行機は軽い方が良く飛ぶので、なるべく軽くする工夫がされているんだ。それは、トイレまで気配りされていて、便器の下には穴が空いていて、用を足すと直ぐに外に流れ出して、霧状になり飛行機の後ろに筋になって残るんだよ。それが飛行機雲。今度飛行機に乗ったらトイレから下を覗いてごらん、町や山が見えるはずだよ。」と、教えました。息子達は納得。
 この噺には後日談が有ります。その後、飛行機に乗る機会がありましたので、機内で息子に言いました。「良い機会だから、トイレに行って覗いてみたら。ただ、落ちないように気を付けるんだよ」、それから、かたくなに息子達は空港に着くまでトイレには行きませんでした。

 

 

02.12.24.

たまちゃん

 

 関東では10大ニュースに入るほどの人気者の野生のアゴヒゲアザラシです。最初、東京・多摩川で発見されたので”たまちゃん”と呼ばれています。北の海に行きそびれて、東京湾でウロウロしています。流行語大賞も取った、愛くるしい表情が人気を呼んでいます。最近姿を見せないので、どこにいってしまったのか心配(?)していたのが、まだ元気に横浜の川をさかのぼって居たんですね。
 今日、クリスマスイブに横浜・帷子川(かたびらがわ)に元気な顔を表しました。見物人約50人だったそうです。リポーターもこの人数に入っているのかな。
 写真;毎日新聞より

 

 

02.12.23.

六曜

 

 暦の本が売れる時期です。それは六曜を見るために買われるぐらい信じられています。が、その本の最後に書かれていた言葉から引用します。『六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順に規則正しく循環し、六日ごとに吉凶が巡るという観念です。江戸時代よりズーッと前から伝えられていたのが、明治になって普及し始めた、そんなに古い概念ではありません。例えば仏滅は「空亡」、「虚亡」、「物滅」、そして「仏滅」となり、仏が入滅して縁起が悪い、と言う意味は全くありません。「友引」と言っても友を引くと言う意味はどこにもありません。六曜は仏教思想とは全く関係が無く、”習俗的観念”なのです。』(一部抜粋) ここでは理由のない差別をするなと言いたいのです。私も信じていませんし、利用もしていません。プロが言っているので、安心して無視しましょう。

 

 

02.12.22.

トナカイの大量死

 

 地球温暖化が進むと北極周辺で雪の上に降る雨の量が増え、これが雪の表面を覆う氷となり、トナカイがコケなどの餌を食べられなくなってしまう、との予測結果を米・ワシントン大のグループがまとめた。近く、米地理学連合の専門誌に発表する。
グループのジャッコ・プコネン助教授は「既にトナカイなどの大量死が各地で報告されている。2080年ごろにはサンタクロースの乗り物は、今とは違ったイメージになっているかもしれない」と話している。
(yahooのサイエンストピックスより http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/global_warming/

 

 

02.12.21.

貼る咳止め薬その後

 

 おかげさまで咳は止まりました。薬が効いたのか、治る時期だったのか良く分かりませんが、医者が出す薬ですから、やはり効いたんでしょうね。(いまだ、信じ切っていない私です)

 東京は雨から雪になりそうな冷たい雨が降っています。ここは「氷雨」でなく、山下達郎の「クリスマスイブ」が似合いそうな晩です。”♪雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night、Holy night” 

 

 

02.12.19.

貼る咳止め薬

 

 風邪が治って咳だけが残って辛いので、近くの病院で貰った薬が、注射でも、飲み薬でも、塗り薬でもない、貼り薬だけを貰いました。トランプの4分の1の大きさ、トクホンの様に臭いもなく透明に近い紙(?)を貼るだけです。貼る所も二の腕、背中、胸の好きな所に貼ればいいのです。24時間有効との事。初めて見る薬、本当に効くのかな〜、と半信半疑です。2日分(2枚)貰いましたので、結果報告はその時また書きましょう。 

 

 

02.12.17.

東京ミレナリオ

 

 東京駅丸の内から有楽町までの間を光のアーチで飾られます。12月24日(火)〜31日(火) 17:30頃〜21:00頃、1月1日(水・祝) 0:00頃〜 3:00頃まで開かれます。私も行くつもりですが、光のアーチは素晴らしいものです。去年の写真を載せておきます。当然無料。

 

 

02.12.16.

丸ビル

 

 東京駅前の表情が変わってしまいました。丸ビルも新しくなって、旧JR本社跡地も建設中。人の流れが変わり、休日の日まで人で混み合っています。丸ビルの中は繁華街のようにごったがえしています。マスコミもこの異常さに驚いて取り上げています。目の前にすると、分かるような気がします。やはり行ってみると本当の事が見えてきます。皇居の緑と、最新のビルのコントラストは素晴らしいですよ。

 

 

02.12.13.

ゆりかもめ

 

 ゆりかもめとはカモメ科ちどりの仲間で別名都鳥と言います。在原業平の歌”名にしおはばいざ言問はん都鳥  我が思ふ人はありやなしやと”と、詠われた都鳥。東京都の鳥に指定されています。渡り鳥で冬になると渡ってきます。東京の河川でよく見られます。
 今日の夕方北の空から南の方向(東京湾)へ群れを作って飛んでいました。群れて飛んでいるのですが、雁のように”への字”でもなく、カラスのようにバラバラでもなく、ゴマを一直線状に蒔いた様に、または競馬場でレースをしている時、向こう正面で馬が一直線状にばらけているように群れています。その数、壱千羽を優に超えていたでしょう。長さ2〜3kmは有りました。
 詳しい友人に聞いたら、朝晩に群れて移動するとの事。私は初めてなので、驚きと感動でビックリしました。東京にも自然がまだまだ有ります。

この冬(12/15)隅田川・言問橋付近にて撮影

 

 

02.12.12.

青年

 

 大人を大きく三つに分けると、青年・壮年・老年に分けられると思うのです。ではその区切りはどこにつけます。どう定義しますか?
みなさんそれぞれ違った答えがあると思います。私は、
 青年=明日の事を話します。壮年=今の事を話します。老年=過去の事を話します。
と、思っています。いつも先の事を考え、それを話題にしていたいと思っています。

 

 

02.12.11.

まんさくの花を飲みました

 

 お酒のホームページをもっているT氏、最近美味しいお酒については論評していますが、不味いお酒については無視して書いていません。大人になったのかな〜。間違った事にはガンガン噛みついていたのが静かになってしまいました。聞いたら、「駄目な物にいちいち付き合っていられない」との事です。
 話はまんさくの花。肩書きに国際何何賞金賞酒と入っています。秋田の銘酒と聞いていたので友人と飲みました。残念ながら嫌な赤ワインの様な渋さがあって、いつまでも口に残り美酒とは言えません。純米吟醸から大吟醸、山田錦45%を開けましたが、香りが立っただけで味は渋さがあって同じ、いけません。2本共双子の兄弟みたいに同じ味です。材料も麹も精米も違うのに同じです。水のせいでしょうか。
 毎回言いますが、肩書きの多いのは”?”です。この酒は、地元は別にしてリピータは無いでしょう。 未だ私は大人になりきっていませんね。嗚呼。

 

 

02.12.09.

ある床山

 

 先日、友人のお父さんが亡くなりその葬儀に参列してきました。友人は一人息子で建築関係、お父さんのご職業は”床山”。相撲の世界では髪結いさんの事をこう呼びますが、同じように歌舞伎や、時代劇の俳優さんの髷を理髪する人もこう呼びます。彼は七十の半ば、京都で巡業中に心臓発作で倒れ、天命を全うしたというのでしょうか。遺影を見ていると、普段の格好で写真に収まっています。そこから一度も会わなかったのに、人の厚みと職人気質が伝わってきます。たぶん業界では人望が厚かったのでしょう。沢山の献花から名前を見ていくと芸能界に疎い私でもそれは分かります。芸能関係でも極わずかな職種。芸や技術はその人が向こうの世界に持っていってしまいますが、若手がそれを引き次いで、欲しいと思います。惜しい人を亡くしました。合掌。

 

 

02.12.04.

渋滞って、どうゆう状態の事だか分かりますか?

 

1.車がつかえて停止している時。2.のろのろ動いていて、時々止まる時。3.徐行している速度の時。4.時速10km以下の時。 5.時速20km以下の時。 正解は??

 

 高速道路でも一般道でも同じです。正解は−5−です。時々20km以上になる時は、断続的に○○kmの渋滞と言います。

 ついでに、凶悪犯とは、どの様な犯罪を言いますか?(検挙率の低下の話ではありません。念のため)
殺人、強盗、放火、強姦の罪種をいいます。

 落語の話でデータが欲しかったので”警視庁”のホームページを探していたら、こんな事柄が乗っていました。目的の捜し物は見つかりませんでした。(溜息)

 

 

02.12.02.

感謝!

 

 日本酒のホームページを散歩していたら、お酒を楽しむための情報サイト「地酒ドットJP」で、このサイトがランクインしていました。それも3位です。皆様のおかげだと思っています。
いい方からの3位なのか、ダーティな方の3位なのか、よく分かりませんが、どちらにしても銅メダルだからヨシとしましょう。

 

 

02.11.21.

ボージョレヌーボー解禁

 

今、ボジョレーヌーボーを開けて飲んでいます。
いつもこのワインは美味しくありません。
マスコミが騒ぎすぎる不味い酒の代表です。

もっと、安くて旨いワインは沢山あるのにナ〜
もらい物だからあまり言えませんが ^_^;
(友人に送ったメールから)

その裏付けとして、このワインの売上げは落ちていますし、英紙”フィナンシャルタイムス”では「もう古い」と酷評です。生産は落ちて最盛期の2割減です。でも、日本は超お得意さんです。(毎日新聞より)

 

 

HOMEに戻る

 

 

inserted by FC2 system