[最近思う事] 2004年

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見があ りましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

                                                 《 3月上旬へ》

   2月22日   河津桜
 

 
 知り合いのマンションにお呼ばれしてきました。
そのマンションのロビーに高さ3m以上の生木が生花として活けられています。「河津桜」で今が満開です。毎年この時期に贈ってくれる方が居るそうです。関東では一番最初に咲く桜が、この河津桜です。南伊豆の河津(かわづ)町の土手づたいに咲くので有名です。この季節、町中交通渋滞で身動き出来なくなるほどの、人気です。
 まさかここで、有名な河津桜のお花見が出来るとは思いも寄りませんでした。

 今日から月末まで関西に出張です。ですから、帰京するまでお休みします。「あぁ〜、良かった」なんて言わないでね。お土産沢山仕入れてきます。期待してください(?)。この項に話題として載せていきましょう。

   
   2月21日   スパムメール(広告メール)
 

 よくスパムメールには『受信拒否の方は次のメールアドレスに〔拒否〕として送信してください。リストから削除いたし ます』といった文章が携帯・PC問わず書かれていることが多い。しかし出せば使用されているメールアドレスとして自らの存在を認めている事になってしまいます。
 使えるメールアドレスの方が価値も高くなるので、そのようなリストに追加されて、転売されまた別の業者へと…繰り返しなってしまい、結果的に広告メールが増える事になる。 クイズとかプレゼントなどは、景品は贈らずにアドレス収集の目的の事が多々あります。(むしろこのメールアドレスのリストの転売での儲けがうま味という話があるほどです)。くれぐれもご注意のほどを。 特に生年月日を求めるところは要注意。どうしても出したい時は1月1日とかバレンタインデーとかクリスマスイブとか別の日に設定した方が無難です。

 スパムメールの対策は、無視するか、メールアドレスを変える事が唯一できる対策でしょう。興味があれば以下の記事も参考にしてください。

「半数の人が間違ったスパム対策をしている」シマンテック調査
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20064284,00.htm

アスキー デジタル用語辞典
スパムメール [ http://yougo.ascii24.com/gh/78/007828.html  ]

   
   2月20日   新酒
 

我もらじ新酒は人の醒やすき」  嵐雪
 
「もらじ」は、「盛らない」の意。新酒は、私はあなたにすすめませんよ、なぜかといえば新酒はすぐに醒めるというからです。本当は自分が飲みたくてケチっているのでが、それを詠むことで飲み相手を誘ってもいる。

 今が新酒の飲み頃です。地酒ではこのひと月が酒づくりの最終段階です。と言う事は今しか新酒を飲む事が出来ません。モロミの中の炭酸ガスがお酒の中に含まれて、呑むと口の中でピリピリと暴れています。それが過ぎると普通のお酒になってしまいます。呑むなら今だ!

   
   2月19日   落陽
 

 
 利根川に架かる「大利根橋」(水戸街道、取手市に入るところ)から眺める夕陽です。
 特に冬の夕陽は空気が澄んでいますから、空全体をあかね色に染めて自然の素敵なショーです。

写真をクリックすると、大きな写真が見られます。
 

   
   2月18日   野焼き
   
 利根川の土手を焼いています。
 冬が過ぎて、春になる時恒例の仕事です。もう1週間以上続いています。悪い虫がモゾモゾ動き出す前に焼いてしまうのでしょう。そう言えば、松の幹に巻かれた腹巻き状のコモもこの時期に外され焼却処分されます。
 奈良の若草山の山焼きも今頃ではないでしょうか。

写真をクリックすると、大きな写真が見られます。

   
   2月17日   香取神社の香梅園
 

    

 香取神社(墨田区文花2−5)の境内の庭園”香梅園”に梅が、例年通り盛りと咲いています。
  素晴らしい香りと春の爽やかな青空が趣を増しています。梅の数が有名所と比べると数ではかないませんが、植樹されている密度で見れば抜群の量になります。よく手入れされた各種の梅が咲き競っています。
 見頃はまだ1〜2週間は大丈夫でしょう。

写真をクリックすると、それぞれ大きな写真が見られます。

梅一輪一輪ほどのあたたかさ」  嵐雪

   
   2月16日   梅が満開
 


 当家の梅が満開になりました。
去年と同じ時に同じように満開になりました。植物の季節感は凄いものです。ぴたりと同じ時期に満開になるのですから・・・。
 とても素敵で芳しい香りを放っています。
「お帰りなさい」と声を掛けたくらいです。

写真をクリックすると大きな写真が見られます。

しら梅や北野の茶店にすまひ取」    蕪村
       
茶店は「=ちゃや」、すまひ取は「すもうとり」と読みます。
北野は「大阪北野天満宮」です。お相撲さんと白梅が天神さんでご対面。
その様な季節になってきました。

 

HOMEに戻る   続き(2月上旬)のページに

inserted by FC2 system