[最近思う事] 
2005年

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

                                                  〈8月上旬へ

   7月31日    タピアン
 
   
 タピアン1     タピアン2
  
 タピアン3     タピアン4

 サントリーが開発したほふく性・宿根性のバーベナの新品種です。親のバーベナとは葉の形が違います。 サントリーってこんな事もやって居るんですね。

 拡大写真はいつもより大きくなっています。ディスクトップの壁紙に使ったらいかがでしょうか。やっぱり派手すぎますかね。 ま、柄を楽しんでください。

写真をクリックすると大きな写真になります。深川・木場公園にて

   
   7月30日    迷惑メール
 

  最近、弊社サービスを利用して、迷惑メールを送信されるお客さまが見受けられます。

 迷惑メールの送信につきましては、受信された方が不快に思うだけでなく、弊社設備に過大な負荷がかかる場合もあり、他のお客さまへの正常なサービス提供に支障をきたすこととなります。

 弊社では、この迷惑メール撲滅に向けた取り組みといたしまして、迷惑メールを送信した場合には、その迷惑メールを送信した契約者に対して「迷惑メール1通につき100円(税込105円)」を、請求させていただきますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
プロバイダー「パワーポイント」の注意書きより

 ホントに最近迷惑メールが殺到しています。配信停止の項目の無いのが大半ですし、有ってもアドレス収集の目的で表示されているものもあります。変に配信停止のコメントを送ると、その後ゾロゾロと得体の知れないメールが殺到します。私のところで毎日3〜40通の迷惑メールがあります。その中から必要なメールを探し出すのが、また大変です。大事なメールを削除したら、相手に迷惑どころか、次から遊んでもらえなくなってしまいます。

   
   7月29日    ひまわり
 

 「テディベア」と言う名のヒマワリです。ぬいぐるみのテディベアの様なぬいぐるみの質感と可愛らしさが体を表しています。

写真をクリックすると大きな写真になります。

 

   
   7月28日    図書館貸し出しベストテン
 

江東区立図書館の貸出回数が多い図書、上位10位(11冊)の一覧です。

2005年6月のベストリーダー

順位 書名 著者名 出版社 貸出回数
1 半落ち 横山秀夫/著 講談社 53
2 模倣犯 下 宮部みゆき/著 小学館 46
3  誰か 宮部みゆき/著 実業之日本社 45
4 模倣犯 上 宮部みゆき/著 小学館 44
5 バカの壁 養老孟司/著 新潮社 43
  ダ・ヴィンチ・コード 上 ダン・ブラウン/著 角川書店 43
  日暮らし 上  宮部みゆき/著 講談社 43
8 あかね空 山本一力/著 文芸春秋 42
  いま、会いにゆきます 市川拓司/著 小学館 42
  号泣する準備はできていた 江国香織/著 新潮社 42
  日暮らし 下 宮部みゆき/著 講談社 42

 11冊中5冊も入っている、宮部みゆきの人気が抜群なのが分かります。トップの「半落ち」は映画にもなったので人気があるのでしょう。5位以下は最近のベストセラーです。「あかね空」山本一力が頑張っていますが、彼は江東区の深川に住んでいます。地元の利でしょうか、長い人気を保っています。

   
   7月27日    台風7号(バンヤン=香港の名付け親で「樹木の名」)
 

typh_image.0507 台風7号は7/26、20時過ぎ、千葉県の鴨川市付近に上陸し、今年初の上陸台風となりました。
 東京地方はこの時間雨風弱く、と言うより無くなりました。上空は雲でどす黒く濁っていますが、目の近くにいる事は確かです。
 先ほど消防署に問い合わせたところ、災害出動は無いと言っていました。これなら安心して眠れます。

台風とは何かおさらいしておきます熱帯低気圧のなかでも、日付変更線より西の北太平洋・南シナ海で、最大風速が17.2m以上のものです。 最大風速が17.2m未満のものは「熱帯低気圧」といいます。熱帯低気圧といっても台風より弱いというだけで、強い雨や風をもたらすこともあります。
  台風の上陸とは、北海道、本州、四国、九州のいずれかに台風の中心がきたときをいいます。それ以外の島の場合は上陸ではなく通過と表現します。また、台風の中心が九州、四国、本州、北海道の4つの島のいずれかに300km以内まで近づいたとき、日本列島に接近したといい、1年間の接近数の平均は11個です。
(昨年は上陸台風が10個でした)
TBS台風情報より。予想進路図は気象庁より。

   
   7月26日    新Windows「ビスタ」
 

米マイクロソフト:新OS名は「ビスタ」に

 ソフトウエア最大手、米マイクロソフトは22日、これまで「ロングホーン」の開発コード名で呼ばれていた基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」次世代版の製品名を「ウィンドウズ・ビスタ(Vista)」にすると発表した。

 今年8月3日にウィンドウズ用のソフト開発者向けに最初の試験版を公開。発売時期は06年中としている。「ビスタ」は95年に発売しパソコンやインターネットブームの引き金となった「ウィンドウズ95」以来の大改訂版で、同社の収益の柱となる見込み。(ニューヨーク共同)

 ウインドーズMeはすぐフリーズする欠陥商品でしたが、せっかくXPで安定して使っていると言うのに。ニューフェースが出てくると、ちらちらと横目で覗きたくなってきます。ま、世間の評判を聞いてからでも遅くないでしょう。これだけ安定しているのですから。

   
   7月25日    金魚池
 

 

 金魚を養殖している所は今が出荷の最盛期です。色とりどりの金魚が養殖されていて、ビニール袋に入れられ送り出されています。夏の風物詩、見ている方は涼しげですが、氷屋さんと同じでやっている方は大汗かいて頑張っています。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   7月24日    ハゼが湧いている
 

 

 ハゼが湧いているように、群がって泳いでいます。東京湾から奥に入った水路にもハゼが押し寄せています。
 左の写真はハゼが泳ぎ回って水紋を作っています。5cm位のまだ透き通った綺麗な魚体が沢山認められます。
右の写真はハゼ釣りを楽しむ太公望が、もう竿を出しています。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   7月23日    ピンクの花
 

 

近くの公園で見かけた可憐な花達です。
カワラナデシコ河原撫子)/モモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲き月見草)

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   7月22日    カンナ
 

 夏を代表する花カンナです。よく見ると花の中に虫が入り込んでいます。最初、虫はお尻を向けて作業に没頭していましたが、そのうち、隣の花に移りたかったのでしょうね。こちらを見て飛び立とうとしましたが、レンズが顔面に迫っています。飛び立ちたくても飛び立てず、おろおろしていました。その時のショットです。その様子が可愛かったので、レンズを外してあげましたら、転げるように飛び立っていきました。虫でも外敵(?)に合うと腰が引けるんですね。

写真をクリックすると大きな写真になります。 虫のアップ写真はこちら

   
   7月21日    ライカ経営危機
 

 外信などによると、ドイツの高級カメラメーカー、ライカ(Leica)は16日、フランスのエルメスグループなど最大株主2社が会社再建策への支援を拒否したため、再建計画実施が困難になったとの声明を発表。経営危機に陥っていることを認めた。
 ライカは世界各地に支店を持ち、従業員数は約1050人。デジタルカメラ市場への進出の遅れから経営が悪化し、昨年度は1550万ユーロ(約21億円)の赤字を計上した。
(毎日新聞)

IIIf_1.jpg ライカはカメラの本家、家元、元祖です。あまりにも優れたフイルムカメラを世に出してしまった悲劇です。過去に2度のターニングポイントを外しています。
 1回目は前にも書きましたが、あまりにも優秀なカメラ”M 3”を世に出した為に、日本勢はそのタイプのカメラを諦め、一眼レフに移行し、世界を席巻してしまったのです。
 二度目はいまのデジカメに乗り遅れたのです。
 あまりにも優秀な製品を世に送り出した為に、その後の大きな流れに乗り遅れてしまったのです。
素晴らしい製品を世に提供しても、需要がなければ企業として成り立ちません。車で言えばロールスロイスやジャガーがその例です。

 ライカはカメラマンに教祖的に愛され、インターネットで検索しても27万5千件も出てきます。それ程に人気のあるカメラです。

   
   7月20日    トンボ
 

 都会地でも野生の姿を見る事が出来る、その一つがこのトンボです。近くのマンションの照明灯に羽を休めています。段々と近づいていきましたが、チットモ逃げません。朝が早いと力がないのでしょうか、それとも、安心しきっているのでしょうか。
 夏の昆虫に逢う事が多くなっています。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   7月19日    梅雨明け宣言
 

 

 東京地方に7/18梅雨明け宣言が出ました。
 いや〜ぁ、急に暑くなって、慣れない身体がヒイひい言っています。これからが本格的な夏に入りますが、う〜〜夏は暑いんでしょね、なんて自分をごまかしていますが、ごまかしきれるでしょうか。
荒川の土手では、暑さの中、タンポポの球形の綿毛を持って子供達が駆けだしています。この自然さが無いと、夏は暑いぞ〜。

 蝉の鳴き声が聞こえてきました。夜は虫の鳴き声も聞こえてきます。盛夏です。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   7月18日    読取革命Lite
 

 プリンターを入れ替えました。写真が綺麗に打ち出せる最新のプリンターが欲しかったのです。
 これはCANONのMP770、プリンター+コピー+スキャナーが一体になったものです。それぞれの性能は満足していますが、一番有りがたいのはスキャナーで読み込んだ文章をWordに文章として打ち出せるのです。
 私は「落語の舞台を歩く」を書いていますので、辞典や本から転載する時は一字一句打ち込んでいましたが、スキャンした文章をWordに打ち出して、貼り付ければ完成です。労力も少なく、凄く時間短縮になります。その上、現地で撮影してきた掲示板やポスターもこのソフト「読取革命Lite」にかけると、同じように文章として使えるようになります。

 今、プリンターより、このソフトにはまっています。ただ、裏の字が透けていたり、手書き文字は100%正しく読み込めないので、校正は必要です。

 世の中進歩しています、嬉しい事です。

   
   7月17日    荒木真有美
 

 俳優座新人女優のデビューです。

きょうの雨 あしたの風」 原作・藤沢周平、脚本・吉永仁郎、演出・安川修一。
 江戸・深川の長屋の様子を人情味豊かに描ききった作品になっています。舞台テンポが速く、映像で観ている様にセットの転換も良く、見応えのある作品に仕上がっています。
 裏店の娘”おきみ”役で出演しています。男二人をふぬけ人間にしてしまうほどの尻軽女ですが、おきゃんな感じで男に近づいてくる怖いカマキリ役を楽しみながら熱演しています。
 関西から東北方面にかけて、ただいま地方巡業中です。
  俳優座 http://www.haiyuza.com/ 

 間もなくホームページを立ち上げるのだと、頑張っています。応援してあげて下さい。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   7月16日    グラベラ(Glabra)
 

 まるで造花のような鉢植えの花です。香りもなく、葉も薄く、紫の葉がまるで花びらのようです。花は中心の雌しべのように見える部分が花で、たまたま一輪だけが白い花を付けていました。一見雌しべが花咲く(?)不思議な花のように見えます。

写真をクリックすると大きな写真になります。

■わたしもグラベラという名前はおかしいのではないかと、薄々心配していました。メールいただいて調べたら、案の定違っているようです。その正式名を「ブーゲンビリア」と言います。
鉢にはグラベラというラベルが取り付けられていますが、流通段階でどうして間違ってしまったのでしょう。それが一番疑問です。

 

HOMEに戻る   続き(7月上旬)のページに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system