[最近思う事] 2005年

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

                                                  〈 1月上旬へ〉

   12月31日     閏(うるう)秒
 

 明日、1月1日午前9時1秒前に、1秒だけ加算されます。これがうるう秒です。
正確には、全世界同時間に2005年末にうるう秒が挿入され、12/31 23h59m59sのあとの、 23h59m60s がうるう秒です。
 日本標準時はUTC + 9時間ですから、日本時間では9時間遅れ(?)て、2006/1/1 08h59m60s がうるう秒ということになります。
具体的には、8時59分59秒→8時59分60秒(うるう秒)→9時00分00秒
お年玉で、明日は1秒長い!

これは、今から、約50年前までは、時間や時刻は、地球の公転・自転に基づく天文時が使われていましたが、科学の進歩に応じた高精度な時刻が必要になり、現在使われている時刻は、原子時計をもとに決められています。規則正しい原子時計と地球の自転に基づく時刻の差が±0.9秒以内になるように、原子時計の時刻に1秒だけ調整を行った時刻を協定世界時(UTC)と呼び、現在、この時刻が世界の標準時として一般に使われています。この1秒の調整が「うるう秒」です。地球の自転速度は、不規則で、いつ、うるう秒調整が実施されるかについては、長期の予測ができません。したがって、地球の自転を正確に観測し、監視しながら必要に応じて調整されています。
 なお、1958年から刻んでいる国際原子時(TAI)と、UTCとは、現在-32秒差になっています。これは、1958年からの地球の自転が32秒(積算値)遅くなってきたことを意味します。
(日本標準時グループ情報より)

 その時、1秒をどの様に実感出来るか、体験してみたい人の為に、117番(NTTの時報)で確認? が・・・残念ですがNTTはつれない仕打ち。うるう秒が入る100秒 も前から、1/100秒ずつ調整して何事もなかったようにうるう秒を迎えてしまいます。
 放送機関も同じように60秒をカウントせずに、正時00秒のチャイムを鳴らすだけです。
  家庭の 電波時計は1秒だけ遅れたままになります。時計によって一日に1回、又は毎時合わせと異なりますので、その時まで狂ったままですが、実生活にはなんら関係ないでしょう。

標準時や原子時計に関する詳しい説明は
日本標準時Groupのウェブサイトに書かれていますので、覗いてみましょう。

日本の標準時を刻一刻表示するページ(試用運転中)へ飛ぶ事が出来ます。
http://www2.nict.go.jp/pub/jst/index-J.html
「8時59分60秒」は、こちらのページでも「観測?」する事が出来ますので是非お試しください。

日本でうるう秒を所管しているのは、国立天文台情報通信研究機構(旧郵政省通信総合研究所)です。

良いお年をお迎え下さい。また来年も遊んでくださいね。

   
   12月 30日     買い出しのアメ横
  通称アメヤ横町、略してアメ横。東京・JR御徒町と上野間の高架下にあります。ゴルフ用品、ブランド品、食品、衣料、と何でもアリの雑踏の街です。暮れには歳末恒例の食料品の安売りで人が集まります。本当に安いのかは別として、海産物は値札の4分の1から5分の1で売られています。もっと値切れば安く買えそうです。それにしてもこの混雑、買い物どころではありません。

写真をクリックすると大きな写真集になります。12/29夕方撮影

   
   12月 29日     じょう(酉+農)肥辛甘
 

「じょう(酉+農)肥辛甘(ひ_しんかん)は真味(しんみ)に非ず。真味は只だ是れ淡(たん)なり。神奇卓異(しんきたくい)は至人(しじん)に非ず。至人は只だ是れ常なり」。
中国・明代の隠士、洪自誠(こう・じせい)の著「菜根譚(さいこんたん)」から。

 じょう肥辛甘、べたべたと濃い酒、脂肪の多いこってりした肉、唐辛子などの刺激的な味、砂糖の甘ったるい味、のこと。これらはいずれも人々の珍重する一種の美味ではあるが、いつもいつも、じょう肥辛甘ではたまらない。 結局、片寄りすぎた味であって、真味ではないから、どうしても最後は飽きてしまう。真味とは、清水のごとくさらりとして淡泊なもの。
 他よりすぐれて異なり、傑出して異彩を放つ程の人は、一見素晴らしいように思うが、じょう肥辛甘であり、至人(道を修めてその極致に達した人)は真に偉大な人物で、一見平凡でさらさらとしたもの。であると洪自誠は言う。

 食べ物では、”真味只是淡”の最右翼は懐石料理の最後に出る「湯桶」(ゆとう)でしょう。一般家庭でいうと、さらりとした「茶漬け」でしょうか。

   
   12月 28日     開発
 

 崖の中腹に取り残されたお社です。高さ2〜30mは有ろうかという山肌が下半分が垂直に切り取られ、下から上がっていく為の石段が無くなって、宙ぶらりんになっています。崖の下は道路になる のでしょうか。
 当然お宮さんは引越になるでしょうが・・・???
新しく塗り替えられているところを見ると、取り付け道路を新しくお宮さんまで造るのでしょうか。でも、こんな崖の中腹にあったら、怖くて参拝にも行けません。大雨や地震で崖が崩れたら、どうなるのでしょう。真っ下には住宅が並んでいます、他人事ではありません。

写真をクリックすると大きな写真になります。鹿嶋にて

   
   12月 27日     新聞社社会部長の選んだ10大ニュース
 

 新聞之新聞社(東京都千代田区)主催の「社会部長が選ぶ今年の10大ニュース」の選考会が、東京都内で共同通信社など在京の新聞、通信計8社の社会部長が出席して開かれ、1位に「耐震強度偽装で『住』の安心崩れる」を選んだ。

(2)尼崎のJR脱線事故で107人死亡
(3)広島、栃木、京都で女児殺害相次ぐ
(4)「小泉劇場」で自民圧勝
(5)アスベストで深刻な被害、ようやく国も救済へ
(6)「カトリーナ」など世界で自然災害。国内でも地震頻発
(7)ライブドアなどIT企業とメディアとの攻防激化
(8)個人情報保護法などで社会の匿名化深刻に
(9)大型談合など企業犯罪多発
(10)紀宮さまが結婚。有識者会議は女性・女系天皇容認の報告。

 【番外】
(1)戦後60年、節目の年
(2)愛知万博に2205万人
(3)再開シャトルで野口聡一さん活躍。

 今年もありましたね。選者によって、10大ニュースもいろいろ変わってきます。貴方の10大ニュースは?

   
   12月 26日     メールウイルス・トップ5
   ソフォスは、11月度の「トップ10ウイルス」を発表した。「Sober-Z」をはじめ、メールで拡大するウイルスが流行しており、全メールの2.7%がウイルスメールだという。

11月に検知した新規ウイルスは1940件で、1位となったのは「Sober-Z」だった。「Sober-Z」は、メールで感染を広げるウイルス。メールの添付ファイルとして送られ、感染するとユーザーのセキュリティシステムを無効にし、さらにコンピュータ内からメールアドレスを収集してコピーを送りつける。17件に1件のメールがSober-Z ワームによるものだという。

登場したのが11月下旬だったにも関わらず、同社へ報告されたウイルスの42.9%を占めた。従来より猛威をふるっていた「Netsky-P」が2位となった。

同社が発表したトップ10は以下の通り。(5位まで)

W32/Sober-Z
W32/Netsky-P
W32/Mytob-GH
W32/Mytob-EX
W32/Zafi-D

ソフォス http://www.sophos.co.jp/

 私のパソコンには当然ウイルスソフトが入っていますが、その隙をついて先日進入した奴が居ました。ウイルスソフトが警報を発し、削除するように指示が出ていますが、そのソフトで削除が出来ません。Windowsのエクスプローラでも削除不可能!、さー、どうしよう。フリーソフトのファイル削除を使って削除、やっと一安心。削除と言うより、そのファイルに上書きで”0”を書き込みするものです、これには感心。
 普通の削除は頭を踏んづけて関連付けを絶つもので、ハードディスク上には本体がそっくり残っています。ですから、復元ソフトなどを使えば簡単に元に戻す(復元)事が出来ます。ただ、その上から別の記録(上書き)をすれば、それは復元出来ません。すなわち、完全な削除です。元気で丈夫なウイルスでしたが、その病状は出ませんでしたので、これも一安心。

   
   12月25日     生協の白石さん
 

 「生協の白石さん」講談社。
東京農工大の生協に勤める”白石さん”は、学生や職員の要望”ひとことカード”に書き入れたものに対する返事が、名解答の羅列です。インターネットで評判になり、書籍になってベストセラーになったものです。

 インターネットでは有名人です。グーグルで260万件ヒットします。その幾つかをあげておきます。と思ったのですが多すぎますので「生協の白石」で検索してみてください。

講談社のこの本から一部抜粋。本題から離れて無理難題を快く(?)丁寧に解答しています。

■「単位が欲しい」。(生協では当然売っていません)
お答え;そうですか、単位、ほしいですか。私は単車が欲しいです。お互い、頑張りましょう!

■牛を置いて!
お答え;ご要望有り難うございます。
本日丁度職場会議が開かれたのですが、結果、牛は置けない、と決議されました。即決でした。申し訳有りません。

■エロ本おいて下さい
お答え;ご要望有り難うございます。
大学生協は学生さんや教職員の方をはじめとした組合員の勉学研究支援に取り組んでいますが、煩悩の分野は支援出来ません。あしからずご了承下さい。

■(続)うしをおいて!
お答え;前掲の通り、職場会議にて牛は置けない、と決議されました。
満場一致でした。申し訳ございません。

■ロックの三大要素を教えてください。←200字以内
お答え;焼酎・梅酒・ウイスキー。
200字も使わず失礼しました。

■リュウとケンとは、どちらが、強いのでしょうか?同じだろ!
お答え;リュウとケンとは、この場合誰の事を指すのでしょうか?
(漫画のキャラクターか何かですか・・・?)
推測の域を出ませんが、竜雷太と松平健の場合、全盛期ならおそらく竜雷太の方が腕力は上だと思われます。

■愛は売っていないのですか・・・?
お答え;どうやら、愛は非売品のようです。
もし、どこかで販売していたといたら、それは何かの罠かと思われます。くれぐれもご注意下さい。

 まだまだ続きますが、インターネットか、本でお読み下さい。最新版が欲しい方は、東京農工大・生協の掲示板を見ると、現在の手書きコメントを読むことが出来ます。

   
   12月 24日    サンタ列車
 

 鉄道王国日本では、トナカイを大事にするので、サンタは列車でやって来ます。
サンタの兄弟が手分けしてプレゼントを届けに来ます。

写真をクリックすると大きな写真になります。

 1897年12月に書かれたバージニア少女の手紙は、サンタさんについて知りたがる子供の最も典型的な例と言えるでしょう。バージニアの質問に対する新聞社の名解答は・・・、去年の12月22日の記事をご覧下さい

   
   12月 23日    サンタ追跡大作戦 (天皇誕生日)
 

 去年も紹介した、サンタ追跡プログラムです。今年もやっていますよ。
 1958年、カナダ、アメリカ両政府は、北米航空宇宙防衛司令部と呼ばれる共同防衛空軍基地を北米大陸に設立。そこで大人達、軍人達が本気でレーダー、サテライト、サンタカムやジェット戦闘機など四つのハイテク・システムを使いサンタを追跡しています。世界の子供達の為に。

http://www.noradsanta.org/jp/default.php アドレスが去年と若干変わっています。

 ノーラッドによるサンタ追跡プログラムは今年で50回目になります。この前任者でもある中央防衛航空軍基地(CONAD)もコロラドスプリングスにありました。このCONADが始めた伝統は、サンタさんとお話が出来ると宣伝した地元のお店が、広告に間違ったホットラインの電話番号を載せてしまったことから始まりました。サンタさんにつながるはずの電話は、CONAD司令長官のホットラインにつながってしまいました・・・。CONADホームページより、この続きはそこで見てね。

では、サンタの追跡映像を・・・。

   
   12月 22日    歳末ジャンボ
 

 歳末の恒例風景として、宝くじ売り場に長い行列が出来ています。ここはJR駅前の宝くじ売り場。「1等1億円が連続してこの売り場から出ました」と、大きなポスターが叫いています。三重になった行列が師走の寒さの中で順番を待っています。

  どこで買っても、確率は同じなのに・・・、と思いながら通り過ぎる私です。

写真をクリックすると大きな写真になります。亀戸駅前にて

   
   12月 21日    サンタ折紙
 

 クリスマスイブが近づいてきました。
 折紙で折られた創作サンタクロースです。いち早く、私のキーボードの上で滑り始めました。貴方の所に着くのは間もなくですよ。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   12月20日    鰰(ハタハタ)
 

 「秋田名物八森ハタハタ、男鹿で男鹿ブリコ」と秋田音頭にも謡われたハタハタは、江戸時代以前から秋田の食卓になじみの深い魚である。冬の雷が鳴る頃にハタハタが沿岸に集まるので、別名「カミナリウオ」とも呼ばれている。
 海が荒れる危険な時期にもかかわらず、ハタハタ漁は、慶長年間の文献にもその名が登場し、献上品としても200年間にわたって秋田の特産品を代表してきた。
 長い歴史を誇るハタハタ漁だが、開発による海洋環境の変化と乱獲などがたたって激減、大衆魚から高級魚になってしまった。平成4年、3年間の自主禁漁に踏み切り、禁漁期間中は、稚魚の放流が行われた。「育てる漁業」の実践である。
 解禁後も漁獲量の割り当て配分が行われ、確実にその数を増やしている。過去の大漁は、もはや昔話だが、ハタハタの大群が怒涛のように押し寄せる日を漁民はもちろん、県民も心から夢見ている。
(「ふるさと通信・秋田を味わう」、八森町、男鹿市パンフレット)

http://www.e-komachi.jp/virtual/12ue-siki-hatahata/hatahata.htm 「こまちチャンネル」
ここは ”はたはた”の説明が詳しい。

  今が旬の、お腹にいっぱいの”ぶりこ”が入ったハタハタ。育てる漁業を実践している本場秋田のハタハタをこんな食べ方して良いのだろうか。玉子の入っていないシシャモと同じようにブリコのないハタハタなんて・・・、と思いながら、白濁した日本酒にピッタリだから、嬉しいのやら可哀相なことやら。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   12月19日    クリスマスの飾り付け
 

『貴方のWindowsにもクリスマスツリー』プレゼント!

さあ!もうすぐクリスマスがやって来ます。

今年のクリスマスの計画は如何ですか? もうクリスマスツリーは飾りましたか?

え? 飾っていない? それならこのクリスマスツリーをどうぞ!

XmasTree Ver1.1 xmtree11.lzh(60,482Byte) 

 上記のXmasTree(xmtree11) をクリックするとXMTREE.exe が出来ます。それをクリックすると、画面の右下にツリーが出現です。さぁ〜、25日まで楽しみましょう。

   
   12月18日    月の形成
 

 十五夜が過ぎて、煌々と冬の月が冷たく光り輝いています。東京は雲一つ無く冴え渡っています。

地球の惑星”月”はどの様にして作られていったのでしょう。そのシュミレーションが観られます。

http://4d2u.nao.ac.jp/top.html

国立天文台「4次元デジタル宇宙プロジェクトページリニューアル」4次元デジタル宇宙プロジェクト。壮大な映像で見せてくれます。

地球の一部がはがれて月になった。その後がくぼみになって太平洋になった。
ではなく、別の天体が地球に衝突して、その一部がガス状になった後、集まって月になったと説明されています。
その映像がシュミレートされています。

   
   12月17日    メール添付の大型ファイル
 

 ファイルをインターネットを経由して送るには、メールに添付して送る方法は誰でも通常使う方法ですが・・・、

 数メガを超える大きなファイルの時は大きすぎて風呂敷からはみ出して、肩に担げなくなります。NGで送れませんが、皆様でしたらどうしますか。
 CDやDVDに書き出して郵送や宅配便で送る方法がありますが、ここではインターネットを使って無料で送る方法をお教えしましょう。圧縮をかけて送れるサイズでしたら、それでも良いのですが、それでも収まりきれない場合は次の方法があります。

 「宅ふぁいる便」 http://www.filesend.to/ がそれです。

 送る側だけの無料会員登録が必要ですが、50MGまでの大きなファイルを送れます。会社と自宅で大きなファイルを行き来する時や、友人に大きな写真を送る時などに便利です。

   
   12月16日    銀座夜景
 

 クリスマスの気配を感じさせる銀座4丁目交差点です。
もっとハデで、人通りがあるかと思ったら、寒くて帰る事だけを考えて、家路を急いでいるようです。やはり、もう少し日にちが迫ってこないと、その気にならないのでしょう。

写真をクリックすると大きな写真になります。

 

HOMEに戻る   続き(12月上旬)のページに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system