[最近思う事] 2007年

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

                                                  <2月上旬へ

   1月31日     ツナ張り
 

 ここは千葉県木更津・金田。潮干狩りで有名な内房の町です。漁業で成り立っている部落なので自然への畏敬の念と神への信心が厚く、風土に根ざした信仰もあります。部落の入口と出口の二ヶ所に縄が掛けられています。その縄にはサイコロや蛸や注連縄、人型の人形などが下がっていて、部落に入るであろう邪気をここ 「ツナ張り」で払っています。毎年1月12日に飾られ1年中飾られています。各部落によって下がっているものが少しずつ違っています。

 良いですね、こんな風習は。日本の何処かの村か忘れましたが、村の入口に大ワラジを置いて鬼を驚かせて村に入るのを思い止める事とか、村の入口にお地蔵さんを置いて邪気を払うという民話は聞いていますが、本物に巡り会ったのは初めてです。

 また、この部落では、下の様な獅子頭だとか、街角の小さな神様にもお飾りがあります。

     

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   1月30日     水草の星
 

 お星様が水面に浮かんでいます。
 金魚の水槽の水面にビッシリとお星様が引越です。

 東京の空にはお星様が無くなっていた理由は、ここに集合していたからだったんだ。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   1月29日     ヘリポート
 


 江東区は新木場にある都内唯一のヘリポートです。夕まぐれの中ぞくぞくとヘリコプターが着陸してきます。
写真左;着陸ポイントに進入しています。右がターミナルになっていて、着陸したヘリコプターはその後ターミナルに移動です。
 奥の風車はドン・キホーテが戦いを挑んだ風車、ではなく臨海部の若洲にある風力発電機です。
写真右;頭上を飛ぶ着陸ポイントに進入してきたヘリコプター。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   1月28日     忘れ物(落とし物)状況
 

 警視庁が発表した昨年度の忘れ物状況です。前年と比べて忘れ物は増えています。落としたものを届け出た人は落とし物の4人に1人です。

拾得物の上位5品目
順位 品目 数量 拾得物全体に占める割合
1 427,655本   20.2%
2 衣類 312,706枚 14.7%
3 財布類 201,585個 9.5%
4 有価証券類 184,622枚 8.7%
5 証明書類 166,917枚 7.9%

 ベスト5は相変わらず傘から始まっています。私も傘は減っても増える事はありません。(-_-;)
届け出る人は少なく0.3%しか戻りません。携帯電話、証明書類、財布類は返還率が高いです。

 時計、貴金属、カメラ眼鏡などは落とし主に返還されないのは、届けも少なく消耗品扱いなのでしょうか。

物品別の処理状況


警視庁遺失物センター発表 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/kaikei/kaikei.htm より

   
   1月27日     今年の花粉は少なめ? 20〜30%減と環境省予測
 

 環境省は24日、今春の関東甲信越の花粉総飛散量は平年の20〜30%まで減少するとの予測(確定版)を発表した。

 予測によると、花粉の総飛散量は平年に比べ、関東甲信越は20〜30%程度▽北海道および東北北部は平年並み▽東北南部は50%程度▽北陸および東海は30〜50%程度▽近畿は40〜70%程度▽中国および四国は60〜90%程度▽九州は平年並みかやや少ない−となっている。

 平年より飛散量が少なかった18年春に比べると、関東北部、北海道、東北北部、北陸などでは多くなるが、そのほかの地域は同程度かやや少なくなる見込み。昨年末に発表した速報値より、西日本で飛散量予測がやや増加した。

 花粉の飛散開始時期は関東以西の本州・四国の太平洋岸で2月10日ごろ、関東甲信越南部から東海で2月20日ごろ、関東甲信越北部で3月1日ごろと予測されている。

サンケイ新聞より

環境省花粉症対策 http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/index.html

   
   1月26日     都内の夕陽
 

久しぶりの好天に恵まれ、地平線に落ちていく夕陽と富士山が望めました。

写真をクリックすると大きな写真になります。1/24撮影

   
   1月25日     スクラッチ宝くじ
 

 新年会でビンゴ大会がありました。その時私のカードにはビンゴは来なかったので、その残念賞としてもらった、「お年玉スクラッチ」。

 左側の絵柄が3枚揃えば賞金が貰えます。門松の絵柄で100万円から、コマの絵柄で500円までですが、ご覧のようにハズレです。ビンゴで外れるぐらいですから、まぁ〜当たる事は無いか。

   
   1月24日     梅の開花
 
    

 梅の開花が気象庁からも発表になり、例年より2週間以上早まっています。私のホームページでも2/15にツボミの写真が出ています。その後1週間後に早咲きの梅の花が出ています。
 東京は氷点下にはなった事もなく、雪も降りません。暖冬と言われる今年は異常に早いのです。

 ここは墨田区文花・香取神社内の「香梅園」。100本近い梅の木がありますが、全体ではまだツボミは堅く、開花まではもう少し待たなければならないでしょう。しかし、どの世界でも”おさきっぱしり”が居るように、たった3本ですが花を付けています。その紅梅、白梅の花を切り取ってきましたのでご覧下さい。

写真をクリックすると大きな写真になります。1/23撮影

   
   1月23日     混浴・秘湯温泉
   「極楽!混浴・秘湯温泉」宮地めぐみ著 単行本定価800円が人気を呼んでいるようです。
温泉は最高なんですが、その上混浴だったらなお最高の二乗。宮地めぐみさんが実際に入浴して書いていますので、間違いはないでしょう。

 彼女がお奨めするベスト5を紹介しましょう。

■秋田県蒸の湯温泉「ふけの湯」   比較的アクセスがいいわりに、何処よりも秘湯らしい。
■長野県白骨温泉「泡の湯旅館」   混浴初めての人にはピッタリ。泡が身体を包んでくれる。
■栃木県大丸温泉「大丸温泉旅館」   天然の湯の川をそのまま堰き止めて湯船にしている混浴露天風呂。
■富山県黒薙温泉「黒薙温泉旅館」  トロッコ電車で行くので夏季限定の秘境混浴温泉。
■山形県姥湯温泉「桝形屋旅館」   標高1250mで山形県最高地。三方を断崖絶壁に囲まれた混浴露天。

 行きたくなるでしょう。なにせ混浴温泉ですから。
東京には全く有りません。なぜって、都条例により混浴は全て水着着用義務があるからです。

   
   1月22日     納豆ダイエットはガセであった
   1/10と1/12に紹介した納豆ダイエットでしたが、完全なガセでした。
 12日にも書いたように、一つの食品で痩せられるなんてあり得ない事です。最大の被害者は消費者もそうですが、納豆業界でしょう。話題になって品薄だからと怒られて謝罪広告まで出して陳謝し、増産体制になったら、これから売上が停まって、在庫だらけで損失が出て、プラスマイナス赤字になるでしょう。TVに振り回された2週間で、確かに痩せた納豆業界です。

 しかし、納豆自体には痩せる力はなくとも、栄養価が高く健康と美容にいいのは事実です。納豆で痩身がダメだったからと言って、納豆の全てを否定してはいけません。

 また、報道の仕方で、世間をこれだけ騒がす事が出来たのです。悪意を持って世間を操縦する事も出来るでしょう。例えば、戦争への世論作りも簡単に出来ます。株価のつり上げや、冤罪を作り出す事や、商品や店もその報道によって浮き沈みが出るでしょう。報道の裏側を見据える事の大事さを感じます。

 視聴者も、本質を見抜く力を持たなければならないという、良い勉強をさせて貰いました。

写真:1/21付、スポニチ1面トップ記事より 

   
   1月21日     個人情報が盗まれる?
 

 携帯電話の機種や個体識別番号から個人情報が盗まれる・・・?

 
 平成16年7月ころから、電子メールや電話、はがきなどを利用して、架空あるいは一度だけアクセスしたサイトから利用料金等を請求されるという相談が多数寄せられています。その中でも、携帯電話のメールを手段とした料金請求が多く、新たな手口による相談が急増しています。
   
特に最近では・・・
   「自分が携帯電話からインターネットに接続し、いろいろなサイトを見ているうちに、突然アダルト(出会い系)サイトにつながり、料金請求の表示になる」・・・というパターンが増えています。

情報セキュリティ広場(警視庁)ホームページ http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku35.htm

今までに多かった不特定多数に送られていたと思われる架空の料金請求メールと異なり、実際に自らサイトにアクセスしたことによって料金請求の画面が表示されるため、驚いてしまう人が多いようです。
  
 また、興味本位でメールアドレスや電話番号を登録してしまって、後日、退会手続きをしようと思っても、その方法が記載されていません。
   
 たとえ携帯電話の機種名や個体識別番号、自分の位置情報が事実だったとしても、それらの情報から個人情報が漏れてしまうことはありません。もっともらしく文面に記載されていることをすぐに信じたりせず、請求代金の支払いや返信をしないようにしましょう。

警視庁ホームページより

 慌てずに警察署、消費者相談センターに相談しましょう。また、振り込めサギ対策でもある10万円を超える振込は窓口経由でないと振り込めません。これからは10万円を切る金額を要求してくるでしょう。
 また、アダルト系だと「無料会員」と表示して、クレジットカードの番号を入力させておいて、扉を開けて入らせます。その後、正会員になりましたというメールと共に銀行から自動引き落としが始まってしまいます。決してカード番号は入力してはいけません。 退会コーナーは無いのが普通です。個人情報も同じです。正式な書類以外は、私は生年月日欄は1月1日生まれとしています。

   
   1月20日     水炎
 

 東京・ 江東に限らず俗に言う下町では、東京大空襲や関東大震災で炎に追われる惨めな体験をしています。また、水害での多くの犠牲者と被害を出しています。そのモニュメントとして昨日に続いて護岸ガラリーの中から大作の「水と炎」を紹介します。

 左

 中

 右

3枚つなぎの大作です。写真をクリックすると大きな写真になります。

  細かい解説はしません、皆様のイメージでご覧下いただけたら幸いです。
 21人(会社)の協賛と作者で創られています。

   
   1月19日     壁画
 


 東京・江東区「竪川護岸ギャラリー」の壁画達です。下町は水運の為に運河が掘られました。それが現在まで伝わっていますが、水運に使われなくなって水辺の公園に変身しています。ここ竪川も同じで、護岸の内側に壁画が描かれています。その幾つかを紹介しましょう。

写真をクリックすると大きな写真集になります。

   
   1月18日     自転車の安全運転法
 

 宅急便は自動車で配達に来ます。都内では渋滞が慢性化しているので、オートバイでの配達が普及しています。都心部では一方通行や車両規制、駐車取り締まりなどが重なって、自転車での配達も増えています。
 自転車配送会社では自転車安全運転の心得として次のような指導もしています。

 ・ 交差点で横断時の注意として、左折車に巻き込まれないようにと、右側から来る車両に特に注意を払います。最悪、万一巻き込まれそうになったら、自分も左折してかわせと指導しています。

 ・ 車が駐車していたら、急に発信するのか、ドアーを急に開けられるかを、判断するのにサイドミラーで運転手の顔を確認します。サイドミラーは相手の車のミラーで、そこに写るドライバーの顔 や動きをチェックするのです。

 ・ 歩行者は好きな方向に動きます。歩行者の2m以内には入らない事。と言われています。

 これらは、私たちが自転車を乗っている時にも当てはまります。そのぐらいの注意をしないと都心では危ないでしょう。自動車に乗っていてもサイドミラーの話は使えそうです。

   
   1月17日     サッカー少年
 

 公園でお父さんとサッカーを楽しむ男の子が、暖かい日差しの中で汗をかいています。
 親の愛をいっぱい受けたこの子はキット素直に育つでしょう。

写真をクリックすると大きな写真になります。

 

   
   1月16日     辛酸 なめ子
   辛酸 なめ子しんさん なめこ、1974年(昭和49年)8月29日-)は東京都生まれ埼玉県育ちの女性メディア・アクティビスト、漫画家、コラムニスト。
 本名・池松江美(いけまつ・えみ)。女子学院高等学校、武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン専攻卒業。デビュー当初は漫画やイラストの執筆時に「辛酸なめ子」、その他の文筆業やアート作品の制作では「池松江美」と名義を使い分けていたが、最近では境界が曖昧になりつつある。
 フリーアナウンサーの膳場貴子、日本テレビアナウンサーの馬場典子とは女子学院高等学校時代の同級生である。

 と、紹介しといて、彼女はこんなにもバリバリの漫画家であったり、コラムニストだとは思わなかったのです。
 ラジオに出演している時は、ドジな話や失敗した話、騙された話、掃除が出来ない話、まだシングルで誰も声を掛けてくれない・・・・・話ばかりです。その上話し方が、ぼそぼそと、さも自分が悪いかのような、被害者のような話し方です。パーソナリティもそこを面白がって突いています。
 今日のラジオでも、丸ビルの店で買った2万円の福袋はゴミばかりで使えるものがなかったとか、ホームパーティをやったが素敵な会であったが、持ち寄る食べ物が片寄ってしまったとか、手相の結婚運(線)で盛り上がったが、それは独身のせいでテンションが下がってしまった、等々失敗話ばかりです。実家に帰れば親は居ず、帰りのバスの中では携帯が鳴り怒られたりとさんざん。ペンネームからしてその通り辛酸なめ子です。
 この人はマイナスのオーラしか出ていないのかと思うくらいです。このマイナスさが面白いのでしょう。

辛酸なめ子のブログ http://blog.smatch.jp/sinsan/

 

HOMEに戻る   続き(1月上旬)のページに

inserted by FC2 system