[最近思う事] 2007年
 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

                                                  <10月上旬へ

    9月30日     カメラのメモリーカードが飛ぶ
 

 私のカメラの記録メディアにはCFカードが使われています。
 そのカードで秋の七草を撮ってきました。向島百花園で花の名を尋ね
るのに、今撮影したばかりの映像を出して確認を取り、もう一度その場所に戻って撮影し直していました。花に昆虫や蝶達がせわしなさそうに蜜を吸いに来ています。レンズを向けても花から花にドンドン移って行きますし、レンズが近ずいた瞬間に飛んで行ってしまいます。
 その時、その気配を感じたのか綺麗なアゲハチョウが目の前の花にとまったのです。「私を撮って」と言わんばかりに様々なポーズをつくって時間を与えてくれました。レンズ交換しながら何十枚かのショットを撮り終えて、興奮しているのが自分自身で分かります。
 その後に2ヶ所でイベントの写真を撮って、意気揚々と帰ってきたまでは良いのですが、パソコンが受け付けません。CFからデータが読みとれないのです。カメラに戻しても、エラーが出るだけで門前払いで、データが死んだか、 扉が開かないかで取り出せないのです。
 これって、息が止まるうえに、疲れがドッと出るもんですね。

 メーカーに尋ねると、5年保証ですから交換すると言いますが、中の映像データは回復できません。その専門業者に依頼すると取り出せる可能性がありますが、去る者追わずにします。残念ですけれども・・・。

 秋の七草は、その様な訳で後日撮り直したものです。
 

 後日談其の壱。CFメディアは安価になっています。秋葉原で1GBが最安千数百円で手に入ります。私の死んだCFは256KBで、その容量タイプはもう何処にも売っていません。買い求めた1GBが最小のもので、技術はこんな短時間で も進んでいます。
 大きなメディア1枚より、小さなメディア複数枚の方が危険が分散されるので使っていたのですが、それも叶いません。

 其の二。死んだメモリメディアからデータを取り出す事が出来ます。メディアメーカーではフリーソフトの「リカバリー マナガー」を紹介してくれました。消去したはずの過去の30枚ぐらいの映像が復元できましたが、当日のショットは1枚も復元できませんでした。
 この「リカバリー マナガー」については、後日詳しく紹介します。

   
    9月29日     キキョウ
 

   

 秋の七草のキキョウ(桔梗)です。
 まだ紹介していない「ナデシコ」(撫子)、「クズ」(葛)、ですが、向島百花園のナデシコは夏の花で秋には何処にもありません。同じようにクズもクズ棚に葉を茂らせていますが花はありません。で、紹介することが出来ません (ーー;)

でも、花がどうしても見たい!と言う方はここでご覧になれます。
http://www.hana300.com/index.html

写真をクリックすると大きな写真になります。向島百花園にて9/24撮影。この前日吟醸は不幸のどん底にいた。その話は明日に。

   
    9月28日     晋ちゃんまんじゅう
 

 

 投げ出し首相として巷ではあまり評判がよくない、安倍晋三前首相ですが、ここでは大変な人気になって売り切れになりそうです。投げ出してから急に人気が出て、数をまとめて買っていくお客さんもあります。この土産物は靖国神社境内にある御休処のお土産屋さんで売っている「晋ちゃんまんじゅう」と「晋ちゃんのねじれ餅」です。
 「太郎ちゃんの牛乳カステラ」もありますが、あまり人気にはなっていません。晋ちゃんまんじゅうは今月までの販売ですが、来月からは福田新首相にちなんだ饅頭が出てくるとのことですが、どれだけ人気が出ることか。「康ちゃんまんじゅう」とでも言うのでしょうか。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    9月27日     オミナエシ
 

    

 秋の七草 昨日の「藤袴」、そして「ススキ」、「萩」、「キキョウ」、「ナデシコ」、「クズ」、そしてこの「オミナエシ」(女郎花)です。

写真をクリックすると大きな写真になります。向島百花園にて

   
    9月26日     藤袴
 

 その昔、美しい姫が野辺をさまよい来て、ただ悲しみながら亡くなった。藤のツルをさらして織った袴(はかま)を着けた亡骸の脇から名の知れない草が生えていた。村人は姫をあわれんでその草を「藤袴」と呼ぶようになった。
 秋の七草のひとつフジバカマを詠んだ紀貴之の歌
宿りせし人の形見か藤袴 忘られ難き香に匂ひつつ」は
室町時代の歌書のよればこの物語が元になっているという。しかし、物語は花の名が面白いので作られたようで、実際には花の形からついた名前らしい。(松田修著「植物と伝説」)
 歌のいう「忘られ難き香」とは、この草を生干しした時にできるクマリンという成分の芳香で、身近には桜餅の香りがそうです。中国ではフジバカマはランとともに「蘭」で表され、その香気が尊ばれ、入浴や洗髪などに使われた。日本でも古くは「蘭」を「らに」と読んでフジバカマを表していた。
 秋の七草のひとつではあったが、河川敷などのフジバカマが開発で姿を消して、絶滅危惧種に指定されからは各地で保護活動も進められている。だが環境省の生物多様性情報システムによると現在自生が確認されているのが宮城県から熊本県までの22都府県で計約六千個体だという。100年後の絶滅確率は99%だと言われる。
 秋の七草のキキョウも絶滅危惧種に指定されています。秋の七草と呼べなくなります。

花言葉:『躊躇』『遅延』

   

写真をクリックすると大きな写真になります。向島百花園にて

   
    9月25日     十五日
 

  「月や秋 あきや夜にして 十五日」 一堂

亀戸・萩寺にて

写真をクリックすると大きな写真になります。


本日、仲秋の名月十五夜です。24日の宵も曇天で秋の月は顔を出してくれません。
 25日、行いがよかったのでしょうか。綺麗な仲秋の名月が楽しめました。
 25日7:10pm撮影

   
    9月24日     
 

     

 ここは通称亀戸萩寺、正式名称が「龍眼寺」(亀戸3−34)です。 江戸名所絵図、江戸砂子などでも描かれた古くからの名刹です。庭も最近整備されて素敵な萩のお庭になりました。萩は雑草のような、いえ、清楚な花で薔薇や向日葵のような押しつけがましいところはありません。ごく自然に庭の一部となって咲いています。 布袋様の笑顔が印象的でしょ。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    9月23日     秋分
 

 今日は秋分。昼の長さと夜の長さが同じ日です。これからはアッという間に秋が深くなっていきます。

ススキもつややかに光をあびています。

写真をクリックすると大きな写真になります。亀戸萩寺にて

 

   
   9月22日     秋の全国交通安全運動
 

 9/21から30日まで、平成19年度秋の交通安全運動が始まっています。

運動の基本
高齢者の交通事故防止

重点目標は
1.飲酒運転の根絶
2.夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
3.後部座席を含むシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
4.二輪車の交通事故防止

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/autumn19/autumn19.htm 警視庁交通安全運動HP

写真;当地の小学生のポスター

   
   9月21日     彼岸花
 

     

 彼岸花(曼珠沙華)が美しい花を咲かせています。

写真をクリックすると大きな写真になります。

 05年の10月に皇居のお濠の土手に群生している、彼岸花を紹介していますが、ご覧になりますか。ではここをクリックしてください。

   
   9月20日     桜の葉が落ちる
   桜の葉が盛大に落ち始めました。

  冬に向かって蟻たちも大忙しです。近道に落ちた葉の上を横切って行く蟻もせわしなさそうに急ぎ足です。
(蟻が見えますか)左の穴の所で、穴の中を覗いていますが、そこには何もないので早々に移動していきました。
 この間は携帯を褒めましたが、携帯のダメなところは、このような動くもののシャッターチャンスがつかめないのが欠点です。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   9月19日     飛行船
 

 一度乗ってみたい乗り物にこの飛行船があります。

 大海を泳ぐ鯨みたいに、大きな巨体をのんびりと秋の東京上空を泳いでいます。

写真をクリックすると大きな写真になります。

 

   
   9月18日     虎の尾
 

 立葵もシーズンを越えて、同じような感じで下から上に向かって順番に咲き始めているのが「花虎の尾」です。

 台風一過、9号の後も残暑が厳しく秋到来とは思えぬ暑さでした。秋の真っ只中の涼しさにやっとなりましたと思ったのは2〜3日。今も30度を超える夏日が続いています。

写真をクリックすると大きな写真になります。

 

   
   9月17日     新国立美術館
 
     
 新国立美術館  新国立美術館ロビー  美術展

東京・六本木は先日(7/1)訪れた東京ミッドタウンのそばに新装なった美術館です。

会場で男の子が言っていました。
白木素材の彫刻を観て、「まだ、色がぬって無いじゃないか。」
ヌードを観て、「何で、オシリばっかりなんだよ。」

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
   9月16日     陶器のタヌキ
 

 焼き物のタヌキは愛嬌があって微笑ましいものです。
落語「権兵衛狸」を公開しました。その狸の商売繁盛のいわれは、

他抜 狸は他を抜くと言う努力型で立身出世を表す
笠   上を見ず下を見ず正しく見つめ用心常に身を守る笠
顔   福を表し愛嬌があり広く人に愛される
腹   白く大きく円満を意味し大胆と決断
金袋 大きな程良く貯蓄を意味し金銭の宝は自由自在な運用をめざす
通帳 経理を表し人からの信用を意味し世渡りの第一歩
徳利 百薬の長で自然と徳と利が備わる
尾   末広を表し何事も終わりは大きく大切に

 

HOMEに戻る   続き(9月上旬)のページに

 

 

 

inserted by FC2 system