[最近思う事] 2007年
 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

                                                  <11月上旬へ

    10月31日     相撲番付
 

大相撲:番付表西前頭11枚目に空位…134年ぶりの珍事

  134年ぶりに関取の番付に空白ができた九州場所の新番付=福岡市博多区の宮城野部屋で2007年10月29日午前10時、田中雅之撮影  
134年ぶりに関取の番付に空白ができた九州場所の新番付=福岡市博多区の宮城野部屋で2007年10月29日午前10時、田中雅之撮影  

 10月29日朝に発表された大相撲九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の番付表で、西前頭11枚目に力士名がなく、ぽっかり空白ができる珍事が起きた。時津風部屋で起きた序ノ口力士急死問題の余波。幕内の番付に空位ができたのは、1873(明治6)年に、協会改革を叫んで除名処分を受けた関脇・小柳と前頭筆頭・高砂の2人のしこ名が墨で塗りつぶされて以来134年ぶりだ。 

 日本相撲協会によると、空白部分に記載される予定だったのは、秋場所西前頭7枚目で5勝10敗の時津海(時津風部屋)。しかし、暴行などによる力士急死問題で先代時津風親方(元小結・双津竜)が今月5日に協会から解雇処分を受けたため、時津海は引退して「時津風」を襲名した。

 通常なら、力士が番付編成会議後(九州場所は9月26日)に引退した場合、番付に現役名は残る。しかし、今回は、不祥事で協会を去った先代時津風親方の名前が、審判部の判断で番付表から外された。代わりに引退した時津海が現親方として掲載されたが、親方名と現役名の重複掲載は許されないため、現役時の番付「西前頭11枚目」が空位になった。

 相撲界の不祥事を示す番付の穴。
「(詰めて書くと)枚数が分からなくなるので、やむなく空白を作った」と協会関係者は渋い顔だ。【毎日新聞】

   
    10月30日     クレーム
 

   「あら探しの好きな方、
   わがままな方、
   やっかいな質問をする方に申しあげます。
   ありがとうございます。」    
                マイケル・デル

 デル・コンピュータの創業者マイケル・デルの言葉です。
クレームは最大の財産であると言っています。
無関心なら何も言いませんし、

意見を言ってくれる人は、自分にとって貴重な人で、大事な人です。

私のホームページについても、建設的なキツイご意見をお待ちしています。

   
    10月29日     浮世絵の凄さ
 

 浮世絵の真の美しさは「実際に摺られたものでないと」と言われますが、それは何処がでしょうか。

 この浮世絵は東京国立博物館所蔵、風俗三十二相より「うるさそう」芳年画ですが、白い可愛い猫に注目してください。
 左の写真では猫ちゃんの真っ白い毛並みが良く分かりませんが、後でアップにしてご覧になってください。良く分かると思います。
 猫ちゃんの白い毛並みは、バレンで型押しされただけで、彩色されていません。型押しの線が毛並みとしてハッキリと出ているのです。画家と摺り師の力量のせめぎ合いがここに出ています。
 作品はあまりにも猫可愛がりされて、とまどう猫を描いていますが、その状況と摺りの技術の高さが見られます。本物はやはり凄い。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    10月28日     コスモス
 

  

 コスモス畑の広がりは見事なものです。
 ここは千葉市・武石、街道沿いにある畑ですから、通る車がこのコスモスを見つけると車を降りて、携帯を取りだしてお互いに記念撮影をしています。私もその中の一人ですが、お互いの記念撮影まではいきませんでした が、携帯を取り出しました。これだけの量だと、清楚な香りが漂ってきます。秋真っ只中です。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    10月27日     「天野屋利兵衛は男でござる」
 

 天野屋利兵衛という大坂の侠気の豪商が吉良邸への討ち入の為の武器を赤穂浪士に調達する。一介の商人が大量の武器を調達するのはおかしいと、役人に取り調べられて拷問を受ける。それでも頑として口を割らない。
そして、一言だけこういった。
 「天野屋利兵衛は男でござる」。

落語にも「天野屋利兵衛」の噺があります。
 えー、元禄も15年となり、吉良邸討入りのときも近づきましたある日、大石内蔵助良雄は、義侠の商人天野屋利兵衛の家を訪ね、武器調達の密談を重ねまして、その夜はそのまま、利兵衛の家に泊ります。
 え−、ところでこの利兵衛の家に、ちょいと、この・・・渋ッ皮のむけた女中が一人おりましてナ、なにしろ利兵衛は、その志を知らぬ女房の父親のために夫婦仲をさかれまして、ここしばらくはヤモメ暮らしでございます。
 「あア、毎晩毎晩、自分の膝ッ小僧ォ抱いて寝るのは、かなわんなア。よし、今夜ァひとつ、あの女中をコマしたろかい」
 てンで、女中が手水場にたちましたあいだに、こっそり女中部屋に忍びこみ、ふとんにもぐりこんで女中の帰りを待っております。
 思いは同じ大石内蔵助、妻子は早く但馬(たじま)の富岡に送り帰し、ここンとこ忙しくて祇園にも通えず、モヤモヤしてるところへ、昼間、あの女中を見ましたから、もう我慢ができません。これまた、女中部屋へ忍びこむと、くらやみの中で、ふとんにもぐり 込み、やにわに股の間に手を突っ込んだ・・・。
 ウワーと相手がはね起きたかと思うと、
「天野屋利兵衛は、男でござる!」。
 先代の金馬さんが楽しそうに演っていた。

   
    10月26日     東京オリンピック村予定地
 

  

 2016年東京オリンピック開催に手を挙げている東京都です。
私はこの誘致に反対です。
 大きくみて、来年の北京、次の2012年はロンドン、その次の候補地として手を挙げていますが、アジアに戻ってくるのは不可能だというのが、世間の通り相場で都知事の人気取りの為に費用を使うのはどんなものでしょうか。

 二つ目に既に東京では開催経験があります。都市の中では兄貴株の東京が手を挙げるのではなく、弟なり妹なりが手を挙げて、それを応援する懐の深さがないのでしょうか。何が何でも東京での開催を声高く言い張るのではなく、地方都市の発展の為にも、東京は手を下ろすべきです。兄貴は兄貴らしく弟妹を育ててほしい。

 そのオリンピック施設地には、看板が立っています。この写真は東京湾岸部にある「選手村予定地」です。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    10月25日     ポスター
 

 JR東日本で経営している駅ビル”アトレ”でレストランのハロウインメニュー人気投票しています。
そのポスターの絵柄がすごく秀逸ですので紹介します。ハロウインに引っかけた絵柄ですが、それがまた素晴らしいのです。
絵の左側にビルがありますが、これはバックの風景が写り込んでいるものです。

写真右はそのメニューの中にあったハロウインクッキーです。これも可愛いでしょ。

ポスター写真をクリックすると大きな写真になります。
ハロウインについては10/16(このページの最下段)に詳しくあります。

   
    10月24日     杜鵑草(ほととぎす_そう)
 

   

 若葉や花にある斑点模様が、鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることからこの名に。   
  ホトトギスは『特許許可局』(トッキョキョカキョク)とか『テッペンカケタカ』と鳴くことでも有名です。ウグイスに托卵する悪鳥(?)です。

「木がくれで 茶摘ときけや ほとゝぎす」      芭蕉
「うす墨を 流した空や 時鳥(ほととぎす)」    一茶
泣かぬなら殺してしまえホトトギス」        信長

花の写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    10月23日     悪き友
 

 昨日「良き友」の話をしたので、今日は悪き友について、兼好法師は『徒然草』の中で次のように言っています。

「友とするに悪き者、七つあり。
一つは、(位が)高く、やんごとなき(高貴な)人。二つには、若き(未熟な)人。三つには、病なく、身強き人。四つには、酒を好む人。五つには、たけく、勇める兵(つわもの)。六つには、虚言(そらごと)する人。七つには、欲深き人。」

わぁ〜、何だなんだ、誰も私と付き合ってくれなくなっちゃうぞ〜。これは大変だ!

   
    10月22日     良き友
 

「力強きたすけとなる友、
喜びにも、苦しみにも、常に変わらざる友、
善き言葉を語る友、
同情ある友など、
これ四種の友は、心善きものなりと知るべし。」
 『六方礼経』。初期仏教の在家信者の守るべき論理を説いた経典。

 兼好法師も『徒然草』の中で言っています。
「良き友、三つあり。一つには、物くるる友、二つにくすし(医師)、三つには、知恵ある友。」

 『三高寮歌・人を恋ふる歌』(作詞 与謝野鉄幹)にも
「友をえらばば書を読みて 六分の侠気四分の熱
友のなさけをたずぬれば 義のあるところ火をも踏む
 簿記の筆とる若者に まことの男君を見る」。

   
    10月21日     伊能忠敬、全国地図の作成開始
 

 寛政12年(1800)の今日 、伊能忠敬は日本全国地図の測量に出掛けた日です。彼は深川に住んでいて、日本全国の地図製作出発に先立ち練習に出掛けました。それが深川から北上し、隅田川の東岸を測量し、吾妻橋を渡って浅草寺界隈を作図、南に下って、蔵前、両国、新大橋を描いて、深川に戻ってきました。その地図が今の地図と重ねても遜色ない出来栄えです。

 大きな地図で全部は紹介できないので、浅草周辺の地図を紹介します。作図;文化元年(1804)頃。彼が歩いたコースは茶色で表されています。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    10月20日     殺菌・除菌・抗菌
  これって、どう違いがあるのでしょう。

殺菌;とは、「菌などの全ての微生物を死滅させる」という意味ですが、洗剤や漂白剤などの雑貨品ではこの表現は使えません。主に、消毒薬などの「医薬品」や薬用石けんなどの「医薬部外品」で使われています。
除菌;とは「菌などの微生物を対象物から有効数減少させる」という意味で、洗剤など「雑貨品」に対して使われる言葉です。公正競争規約の中に、台所用洗剤のスポンジ除菌と、住居用洗剤の除菌表示のための統一基準が設けられています。
抗菌;とは、菌を殺したり減少させるのではなく、「菌などの微生物の育成を抑制、あるいは阻害する」という意味で、まな板やスポンジ等のキッチン用品、肌着やシーツ等の繊維製品に多く見られます。 また最近では便器や洗面台、自動車にも使われています。日本工業規格(JIS)で試験法が規定されています。

   
    10月19日     パソコン簡略終了法
 

 パソコンの画面で、いくつも開いたウィンドウを閉じる時、普通はマウスで右上の「×」を探してクリックしますが、もっと手早くできる方法をお教えしましょう。

 まず、マイコンピュータなどから、階層の深いフォルダをあれこれ開いて、ウィンドウがいっぱいになってしまった時(ただし、[フォルダオプション]で「従来のWindowsスタイル」か、[カスタム]の「フォルダを開くたびに新しいウィンドウを作る」に設定されている時のみ)に有効な方法です。
・[Shift]キーを押しながら[×]をクリックすると、そのフォルダより上層にあるフォルダのウィンドウが一気にすべて閉じられます。

  その2.
階層フォルダでなく、インターネットエクスプローラやメールソフト、エクセルなどのウィンドウをたくさん開いた時などは、1.の方法は使えないので、次に3つほど紹介します。

[Alt]+[F4]キーで、その時のアクティブ画面を終了することができます。この操作ではパソコン終了までできるので、電源を切る時などに便利です。
また、タスクバー(最下段のスタートがあるバー)に表示されているソフトの上で、マウスを右クリックし閉じるをクリックすれば終了できます。
 電源を切る時はキーボードの下段のウインドーズキーを押して、「U」キーを2度押すとマウスを使わず電源オフ出来ます。
[Ctrl]キーを押しながら、タスクバーに表示されている閉じたいウィンドウを次々とクリック。([Ctrl]キーの複数選択の要領) タスクバー上の選択されたウィンドウのどれかで右クリックし、[閉じる]をクリックすると、選択されたウィンドウが一気に閉じられます。

   
    10月18日     赤トンボ
 

  

  秋の風物詩赤とんぼが見られるようになってきました。

 赤とんぼが空を埋め尽くすように飛んでいたのが、今では幻、都会では貴重な昆虫になってしまいました。
 オニヤンマのような大型トンボには目がなく追いかけていたのですが、それも見なくなりました。都会では絶滅したのでしょうか。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    10月17日     
 

「はなやかに 朝日のかかる 野菊かな」 一茶

秋の代表的な花です。小ぶりの野に咲く菊は素敵ですね。

写真をクリックすると大きな写真になります。

   
    10月16日     ハロウィン
 

 “ハロウィン”とは、万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことで、10月31日に行われます。
 もともとは2000年以上昔のケルト人の宗教的行事が、キリスト教に取り入れられたようです。
 「万聖節」は、日本ではお盆のようなものをイメージしてもらえば大丈夫だと思います。 過去に亡くなった人が、この日にはよみがえると考えられています。
 万聖節=“All Saints' Day(Hallowmas)”のイヴの日なので“All Hallow Eve”から“Halloween”になったとも言われています。

 ハロウィンと聞いて真っ先に思い出すであろう仮装は、家のまわりを徘徊する悪霊たちが、その姿を見て驚いて逃げていくようにするためだったとか。
 この世に戻ってくる魂は悪い霊だと思われていたからです。この悪い霊たちは生きている人にいたずらをしたり、悪運をもたらしたりすると考えられていました。
文;http://www.mycal.co.jp/saty/3_weekly/0925/index.html ハロウィンより

 これに因み、31日の夜、カブをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化けカブ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。カブでは小さいのでカボチャになった。

写真をクリックすると大きな写真になります。デパートのウインドーから

 

HOMEに戻る   続き(10月上旬)のページに

 

 

inserted by FC2 system