吟醸・最近思う事 2010年
 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

                                                    2月上旬へ>          

  1月31日     スイカ
スイカ

 「使いましたね」と言われたJRのスイカ。夏の果物、西瓜ではありません、JR東日本では乗車用のプリペイドカードの事を、その様に呼んでいます。関西では違った呼び方があるんですよね。このカード、そのうちに読みとり不可能になってきますから、早めに使い切って交換をと、アドバイスしてくれました。

 

  1月30日     マスコット犬
マスコット犬

 犬の置物と言えば、ビクターのレコードを聴く犬だと思っていましたら、今は携帯電話のマスコット犬なんですね。

  1月29日     ビール戦争
ビール戦争

ビールがこの季節から火花を散らす広告合戦を繰り広げています。隣同士でキリンとサッポロが戦争です。秋葉原にて
  1月28日     新幹線500系引退
500系のぞみ 写真;毎日新聞より

 2月末で東京−新大阪から姿を消す新幹線車両「500系」。
 500系車両は新大阪−博多で「こだま」として残るが、駅間距離が短く、最高速度300キロの雄姿は見納め。格好良かったのに、ドンドンと老兵は消えゆくのみ

  1月27日     スカイツリー
SkyTree両国橋

 JR総武線の車内からでも遠望出来るようになってきました。隅田川に架かるJR鉄橋より電車内から望む。地上高281m。
 ディスクトップに現在のSkyTreeが表示出来ます。http://www.tokyo-skytree.jp/about/gadget.html

  1月26日     亀戸天神の梅
亀戸天神_梅
 ここの梅の花も早咲きも有れば遅咲きもあります。全体で三分咲きぐらいでしょうか。

亀戸天神からのSkyTree
 亀戸天神正面の鳥居です。梅もほころび始めましたが、ここからもSkyTree が顔を出しています。

  1月25日     鷽替え神事
亀戸天神_鷽替え
 亀戸天神恒例行事の鷽替えが始まりました。この鷽(ウソ)を買い求め災いをウソに転じると言うものです。日曜日と重なりスゴい人出で、1時間半並んでやっとここに到着。

亀戸天神_絵馬

 合格祈願の絵馬がイッパイ。いろいろなお願い事もあります。願い事なら直接的な絵馬に限る。

  1月24日     千秋楽
両国国技館

 千秋楽を迎えた両国国技館。総武線の車内から

  1月23日     梅が咲いた
お茶の水駅からの梅の花

JRお茶の水駅から神田川を挟んで対岸の土手に咲く梅が綺麗になりました。一幅の絵のような趣です。

  1月22日     「殿様の通信簿」「武士の家計簿」
殿様の通信簿  
 江戸落語を調べていくと、江戸の文化、歴史を調べる事になります。最近秀逸な本を探し当てたのでご紹介しましょう。磯田道史著「殿様の通信簿」新潮社文庫および同著「武士の家計簿」新潮社です。どちらも他人の受け売りではなく、自ら資料を発掘し、自分の切り口で文献を料理したものです。

  「殿様の通信簿」は幕府が隠密を全国に送り集めてきた極秘資料をまとめたもので、全国約300人の大名の長所欠点、危険度を書き表しています。幕府の要人が見るもので複本(コピー)が有りません。その内から、水戸黄門の光圀、忠臣蔵の元になった浅野内匠頭、70人の子供を作った池田綱政、前田家三代、武士としては異端児の本多作左衛門です。大名も裏から見たらピンキリです。

 「武士の家計簿」は神田の古書店で発掘したミカン箱イッパイの、『金沢藩士猪山家』の文書をひもといたものです。江戸の終わりから明治にかけての流動する姿を、家計簿から検証していきます。江戸時代の武士の生活レベル、武勇がなければ何で藩の中枢になれるのか、参勤交代は経済的にどうだったのか。自分たちの借金の始末から、結婚披露まで詳しく解きほぐしてくれます。
  1月21日     大寒の夕陽

大寒の夕陽

 大寒は寒さのピークであるはずが、東京は日中17度台に上がり桜の頃の気温だと言っています。月は中天に欠けた顔を見せています。東京・湾岸にて1/20

  1月20日     大寒

冬のツタ

 大寒の頃ですが、東京は冬の寒さの中、暖かい日が続いています。本当の寒さはこれからでしょう。お酒の世界ではこの頃、仕込まれる日本酒を「寒仕込み」と言って優秀な酒が造られる時期で、楽しみの一つです。

 寒い写真を探しても無く、葉を全て落としたツタの枝が寒々しく、壁面イッパイに枝が絡まっています。春になってツタ屋敷になってしまうのは、まだ先のようです。

  1月19日     トヨタ レクサスLFA
レクサスLHA
 「トヨタ レクサスLFA」 http://mainichi.jp/enta/car/graph/pinup/1098/1.html
 4.8リットル・V10、560ps/48.9kg・m、325km/h 世界最高峰のJスーパースポーツ誕生
 レクサスLFAは、FR駆動の2シーター・スーパースポーツカー。エンジンを前部に積み、後部の変速機との間をトルクチューブでつないだトランスアクスル方式を採用。ボディの骨格はCFRP(炭素繊維強化樹脂)製である。全長4505×全幅1895×全高1220mm、ホイールベースは2605mm。ラジエータを後部に搭載することなどで前後の質量配分は48:52にできた。

 LFAは世界500台(日本では165台)の限定販売車で、日本では10年末以降に発売し、12年にデリバリーが完了する販売プランである。日本の販売価格は3750万円。完売した。
 高級車販売チャンネルのレクサスにとって、官能的なオーラと世界屈指のブランド性、フェラーリやポルシェなどと同等のパフォーマンスを秘めた高性能かつラグジュアリーなスポーツモデルは、イメージリーダーとして欠かせない存在だ。LFAは2000年のプロジェクト始動後、04年10月にニュルブルクリンク・サーキットで実走行テストを開始。05年、07〜08年のデトロイト・ショーへの参考出品と、08〜09年のニュルブルクリンク24時間レースへの参戦を経て09年10月、日本で待望のワールドプレミアを迎えた。
  1月18日     水を入れる乾電池不要の時計
水を入れるだけで自己発電して動くエコロジーな「水時計」 水を入れると発電する、乾電池を使わないエコ時計が登場した。大王製作所より発売された「水時計」。

  この商品は、乾電池や外部電源が不要のデジタルエコ時計。給水タンクに水を入れると電気が発生し、液晶部に時計が表示されるのだ。水が切れると途端に表示も消えてしまうので、水が少なくなってきたら足していくという形。一度の注水で2〜3か月の使用が可能。

 エコ時計の本体内部は、設置された金属や活性炭と水が作用して、乾電池と同じ働きになる仕組みになっている。金属側がマイナス極、活性炭がプラス極の電極の材料となり、水が電解質となって電極間に電気を発生させる。

 「本品を通して、電気や発電について学んだりするきっかけになるかもしれません。時々水を与えないと動かない時計は、違った意味で愛着が沸くかも!?」と話すのは開発部の鈴木雅晴さん。消耗品である乾電池を使用しないので、重貴金属や有害物質が廃棄されることがなく、人や環境に優しいのも魅力だ。

  1月17日     3人乗り自転車
3人乗り自転車

 子供の人数って2人ぐらいが多いでしょ。どうしても、片方を置いて出掛けられないので、3人乗り自転車になってしまいます。警視庁が3人乗り自転車禁止に踏み切りましたが、世のお母様方から猛反対を受けるのは当然。見直しがされるのは当然です。
 我が家でも、たまたま片方を家に置いて出掛けたら、置き去りにされた子供が、泣いてカーテンにぶら下がり、カーテンレール共々落下して、とぐろを巻いたカーテンの中で泣いていました。もう20数年以上前の話ですが、やはり子供は一人には出来ません。
 隣の家では、置き去りにされた犬が、悲しそうな声を出して、ドアーの内側を激しく掻きむしっている事があります。やはり犬だって主人が居ないと不安になるんですよね。

  1月16日     春の小川
ガマガエル  

 春の小川にたたずむ冬眠を忘れたガマガエル。木場公園・ビオトープの小川にて


HOMEに戻る   続き(1月上旬)のページに


 

inserted by FC2 system