吟醸・最近思う事 2011年

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

                                                     <11月上旬に

  10月31日    

 このシーズンの噴水ですが、虹が出ています。この虹に子供達はキャーキャー歓声を上げて、親に教えています。何時の季節でも幻想的な虹には心惹かれます。
  10月30日     センニチコウ

美しい紫の花を付けたセンニチコウですが、やはり、花から花に来るべき友が居ないと寂しいかぎりです。

  10月29日     寄席文字

 寄席文字の大家・家元の橘右近氏が、寄席文字を系統立てて一つの芸術的領域まで高めた作者です。写真左、右近氏の「噺」です。同じ文字を書いてもらっても、お弟子さん達とは、上手下手ではなく、文字の品格が全く違います。その事をお弟子さん達に話をすると、「別格ですよ、神様みたいな人ですから・・・」。

 

 寄席文字だけではなく、隅田川に架かる橋の橋銘板も書いています。次の四橋の内、どの橋名を手掛けたのでしょうか。

 

 

 



 

解りましたか? 解らない方は答えはここ

 
  10月28日     階段?

 コンクリートの土手に描かれた模様は?。階段にも見えますが、ここには階段はありません。土手向こうに出るための階段が過去には有ったのでしょう。その跡が土手壁面に残ってしまいました。新しい階段は右側にあると矢印が出ています。
  10月27日     巨人がやって来た

 この庭園に巨人が進入してきました。と思うほど2本の木が左右の足に見えますし、今にも歩いてきそうです。浜松町・旧芝離宮恩賜公園にて

 この巨人が歩き始めたからでしょうか、東京地方には「こがらし1号」が吹きました。寒いはずで、もう一枚重ね着していても良かった。

  10月26日     東京タワー
 
 先端が曲がった東京タワーです。曲がりが分からない位置から撮っていますので、違和感はありませんが、今後どうなるのでしょうね。アンテナ部分は電波が停まったNHKのアナログチャンネルですから、現状には影響ありませんが、このままだったら、次の地震でポキリ・・・。曲がりを直すのでしょうか、切り取ってしまうのでしょうか。切り取ったら高さが低くなってしまい、面子大潰れになってしまうし、費用はかかるし大変です。
  10月25日     ちからしば

 道端などにあるありふれた雑草で,手入れの悪い芝生に群生していたりします。引き抜くのが容易でないので,この名前がついたといわれます。庭園の中に植えられていると、それはそれで絵になります。
 夕陽に輝く穂が美しい。
  10月24日     金町浄水場

 

 東京23区の水道水の1/4を供給している大浄水場です。ここでは水をペットボトルに入れて売れるほどの美水が作られています。その装置は高度浄水施設といって、オゾン接触、生活活性炭吸着、高度浄水ポンプの施設によって美水を造っています。後2年経つと、100%この設備が稼働しますので、もっと美味しい水になるでしょう。私の町に来る水はここで作られています。

 

 目がイイ貴方、そうなんですよ。ここは柴又、寅さんの世界ですから、ここからもSkyTreeが見えます。

 

 東京都水道局が超高度浄水の水道水「東京水」を売り出しています。
  ペットボトルに入った水道水ですが、軟水の湧き水のようです。これなら売れるし、他には負けない旨さです。

  10月23日    

 

 

 それぞれの好みの味があるようです。

  10月22日     カヤック練習所
 
 私も習いたくなってきました。 江東区カヌー・カヤック練習場にて
  10月21日     みかん

 路地ミカンはまだまだその気がないようです。
  10月20日     赤と白





 秋の公園の色模様。その造形と色が華やかで美しい。
  10月19日     赤とんぼ
 
 秋ののどかな陽を浴びて、チョット一息。赤トンボの季節になりました。
  10月18日     カラクリ時計

 宮崎駿デザインのカラクリ時計。時間になるとあらゆる人形や節が動くのでしょうね。日本TVの壁面に。
  10月17日   

 秋が本格的にやってきました。隅田川護岸にある桜も葉を散らす用意を始めました。
  10月16日    SkyTree

 台東区側の隅田公園から望むSkyTree。

 

 



HOMEに戻る   続き(10月上旬)のページに



inserted by FC2 system