吟醸・最近思う事 2012年

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

<3月上旬へ>

  2月29日   ソーラ発電

 

 

 新しくオープンを間近に控えたショッピングモールです。壁面いっぱいに設置された太陽電池パネルが、新しい電気を生み出しています。

  2月28日   鉄塔制作中

 

 

 東京スカイツリーにはかないませんが、高圧送電線のための鉄塔を組み立てています。丁度3〜4割(?)がた組み上がったのでしょう。これから、どの様に組んでいくのでしょうか。

  2月27日   床ワックス仕上げ

 

 

 床材にワックスを施行しています。beforeとafter。パサパサした肌が見違えるほどみずみずしくなるでしょ。
肌に潤いと若さが蘇ってきます。

  2月26日   今日も雨

 

 

 車路に流れる雨が、床面を光らせています。

  2月25日   足長おじさん

 

 

 小説の主人公はなんとも格好が良いのですが、壁面に映し出された足長おじさんはどうでしょうか。

  2月24日   雨のフェンス

 

 

 23日は夜半からの雨で、本降りになった。喉には優しい雨ですが、やはり雨はうっとうしく心を沈ませます。屋上のフェンスに雨粒が行列を作っています。

  2月23日   老いる

 

人は歳月を重ねたから老いるのではない。理想を失うときに老いるのです。


(サムエルウルマン『青春』 より)

  2月22日   どちらが上?

 

 

 フランスの画家アンリ・マティス(1869年〜1954年)「舟」。1961年にニューヨーク近代美術館に展示されたのですが、なんと47日間も逆さに飾られ、最終日の前日になるまで誰も気づかなかったその絵がこれです。図録と見比べて初めて解ったと言います。
 この絵は実は「切り絵」で、晩年体力の衰えたマティスは線の単純化、色彩の純化を追求した結果、色を塗った紙をハサミで切り貼りすることで表現したと言います。

  2月21日   ジョーク

 



 ジョークの解る運転手さんなのでしょう。後部扉に付いた水道コックをひねると何が出てくるかお楽しみ。

  2月20日      乾杯

 

 

 貴方と二人で飲み明かしましょうか。

  2月19日     夜半の雪

 

 

 18日朝、目が覚めたら白く地面がお化粧していました。1cmにも満たない積雪でしたが、氷点下に下がっていたので、パリパリのシャーベット状態で滑ることおびただしく、のろのろ運転です。しかし、前回の学習のお陰で最悪の状態からは脱出出来ましたが、交通事故は多かった。子供の頃の雪が降ってきたときの感動は、仕事という二文字で無くなっています。

  2月18日    第24回サラリーマン川柳ベスト10

 毎年サラリーマンの哀愁を川柳に詠み込んで世相を反映させています。その発表がありました。

第一生命 http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/24th/best_10.html 2012年最優秀賞

「久しぶり〜 名が出ないまま じゃあまたね〜」 シーゲ

 

2位以下はサラ川ホームページをご覧下さい。

 

 ■11位以下にも顔がほころぶ秀作があります。

「子育てが やっと終わって 次は親」 孝行息子

「怒るなよ 「怒ってない」と 怒る妻」 花いちもんめ

「物忘れ 増えて良くなる 夫婦仲」 シルバーパス

「いつかやる きっとやるぞと もう定年」 やる気びと

「おれだって 束ねてみたい 髪と部下」 老婆の休日

  2月17日     ブーメランヒコーキ

 

 

 ポリスチレンで出来た紙(?)飛行機です。飛ばすと遠くまで飛んでいって・・・、っと言うヒコーキでは無く、手元に戻ってくる、愛犬モードのヒコーキです。

  2月16日    金環日食

 金環日食情報。2012年5月21日、九州南部・四国の大部分・紀伊半島から本州の関東付近にかけての地域などで金環日食を、他の地域では全国で部分日食を観察することができます。

 

 

 今回の日食では東京・大阪・名古屋の三大都市圏が金環食帯に入っている上、中心食線が南関東&静岡県を中心に数多くの都市・観光地を通ります。

東京は、午前7:34頃。オレンジ色の線の中に入っていたら、完全に見ることが出来ます。後は天気次第。
http://www.annulareclipse2012.com/ より

 

6月6日には金星の日面通過。

2012年には金環食の他、6月6日午前に金星の日面通過という大イベントがあります。前回は2004年に起きたのですが、次回は2117年ということもあり、これもまた絶対に見逃したくない歴史的天体ショーです。幸いにも日食グラス程度の簡易な観測グッズで十分観察できます。

また、8月12日早朝には木星と月の超大接近、8月14日早朝には月による金星食があり、さすがに望遠鏡がないと観測できませんが7月14日の日中には月による木星食もあります。

 

 

 



HOMEに戻る   続き(2月上旬)のページに


inserted by FC2 system