吟醸・最近思う事 2012年

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

1月上旬に> 

  12月31日     正月の飾り物

 

    

 

  正月の縁起物を、歌舞伎の世界でも飾り付けます。助六の衣装に飾られた縁起物ですが、家庭でも同じ事をやっています。江戸東京博物館蔵
  お供え餅、門松、おせち料理、どれもあまりやらなくなったのは我が家だけでしょうか。


 今年もご愛顧アリガトウございます。来年もヨロシクお願いします。 

  12月30日     都会の路地

 

 

 恵比寿・写真美術館前にて

  12月29日     正月の準備

 

 

 門松と注連縄を持って、お客さんのところに備え付けに行くのでしょう。ここにはまだ正月風景が残っています。吉原にて。

  12月28日     小路

 

 

 その向こうにあるものは・・・。 貴方のためのテーブルです。

 
  12月27日     枯れススキ

 

 

 冬の空の下、立ち枯れてもススキの風情を残しています。

 
  12月26日    シクラメン
 

 

  花屋さんに並んだ美しき暮れの花、シクラメン。何処が花やら花びらやら。

 
  12月25日    イベント観覧

 

 

 高みの見物。まだ1時間前だというのに・・・。凄いゲストが来るのでしょうかね。 

 
  12月24   雪だるまのサンタ

 


  お店の前には、今にも飛び出していきそうなサンタがスタンバイしています。いえ、もう貴方のところに出発しているはずです。

 
  12月23    雨のしずく


 東京地方は昼過ぎまで雨が降っていました。雪になるかも知れないとの予報でしたが、子供では無いので雨だけで良かった。これで乾燥が続いていた空気に潤いが乗りました。

 
  12月22日      人力タクシー



  ライトアップされた人力車が夢の国まで運んでくれそう。

 
  12月21日      忠臣蔵


 

 江戸東京博物館で開かれている「浮世絵の中の忠臣蔵展」が開かれています。会場から出たところにある、観光地にある顔を突き出して主人公になるという看板(?)がここにも有りました。子供達が喜んで、代わる代わる顔を突き出してヒーローになりきっています。1月27日まで。 

 
  12月20日      十月桜



 手が縮こまる様な寒気の中、健気に咲く「ジュウガツザクラ」。冬の入口ですが、春が楽しみ。

 
  12月19日      羽子板市





  浅草寺では、”歳の市”として「羽子板市」が19日まで開かれています。一年最後の納めの市です。ここのところ、天候がすぐれず曇天の空から細かい雨が落ちてきます。そのせいでしょうか、客足が今一つのようです。ま、高いのは縁起物だからしょうが無いのかも知れませんが、暮れの風物詩ですから楽しみましょう。

 
  12月18日      サンタ列車



 サンタはソリだけでは無く、雪の中から列車に乗ってやって来ます。

 
  12月17日    落ち葉の川流れ



  目黒川にて

 
  12月16日    帰り道
 


 幼稚園からの帰り道なのでしょうか、木々の色づいた中を、階段を遊びながら降りてきます。



HOMEに戻る   続き(12月上旬)のページに



inserted by FC2 system