.

 

 

 

 

吟醸・最近思う事 2014年

 

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

4月上旬へ
  3月31日   お花見の宴

 

 

 春の暖かに誘われてお花見です。

 
  3月30日   日本橋の桜





道路元標がある日本橋の桜も八分咲きを迎え、暖かさと共に春が押し寄せています。
 
  3月29日   桜開花


 桜が開花して三日目。一分咲きの状態になりました。まだまだ蕾の状態ですが週が変わると満開になるでしょう。一番花が着いているところを撮っていますので、まだまだこれから。

 
  3月28日   アンズの花

 

 

 暖かさにつられて家族が公園に遊びに出掛けています。梅は盛りを超し始めましたが、バックのピンクの花はアンズで、満開になっています。 

 
  3月27日   白木蓮の並木

 

 

 ハクモクレンが並木となって、ビッシリと空間を埋めています。これから散った花びらが遊歩道を真っ白く染めるようになるには時間の問題です。 

 
  3月26日   白木蓮と梅

 

 

 真っ白なハクモクレンの後ろには梅が咲いて、二者の競演デュエットを奏でています。 

 
  3月25日   白木蓮

 

 

 木蓮が純白の花を付けています。肉厚のしっとりした花と香りが、枯れ木に花を咲かせましょうではないが、見事に咲き誇っています。春になると、だれか、花を咲かせる灰を撒いている人が居るのかしら。

 
  3月24日   桜の花芽

 

 

 桜のツボミが膨らんできて、先端はピンク色の花びらがのぞいています。後1週間も経たない間に開花するでしょう。季節は正直です。3/23撮影

 
  3月23日   河津桜

 

 

 河津桜が満開になっています。花の濃さと密度の濃さで最高潮に達しています。木場公園東。

 
  3月22日   シュロの影

 

 

 舞台のバックに映し出された主役俳優の影のように、夕方の陽を浴びてたずんでいます。

 
  3月21日    ビルの外壁面

 

 

 神田今川橋跡の南にある”丸石ビル”です。素晴らしい外壁に目を奪われます。  

 
  3月20日    椿

 

 

 街路樹の間に植えられた椿。まるで生花を花瓶に活けたような、素晴らしい形をしています。 

 
  3月19日     春一番



 花を付けたヤツデも強い風に煽られ、首を振り回しています。気象庁では東京に春一番が吹いたと3/18発表しました。落語の世界では、露風激しく小砂眼入す(たらちね)、とか、風が吹くと桶屋が儲かる、とか言います。花粉症の私には辛い風です。
 春一番とは、季節が冬から春へと変わる時期に、初めて吹く暖かい南よりの強い風のことを言います。具体的には、2月4日ごろの立春(りっしゅん)から3月21日ごろの春分(しゅんぶん)までの間に、日本海で低気圧が発達し、初めて南よりの毎秒8メートル以上の風が吹き、気温が上がる現象のこと。

 
  3月18日     放射

 

 

 隅田川に架かる一番新しい橋、中央大橋。その主塔から張られたワイヤーが四方に飛び散る様な景観が曇天の空と相まって不気味な所もあります。 

 
  3月17日    ラン

 

 

 ランの花の高貴さには、太刀打ちできない花が多いのでは無いでしょうか。3鉢のそれぞれ違った種類ですが、どれも美しい。

 
  3月16日    飛行機

 

 

 春の柳が新芽を吹き始めました。その上を飛行機が通過していきますが、空気が乾燥しているので飛行機雲は出来ません。

 

 

 

 

HOMEに戻る   続き(3月上旬)のページに

 

 

 


inserted by FC2 system