.

 

 

 

 

吟醸・最近思う事 2015年

 

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

2月上旬へ
  1月31日   雪の朝


 雪が降り始め、登校の子供が大はしゃぎ。今シーズン東京に本格的に雪が降りました。この後うっすらと白く雪化粧しましたが、昼前には雨となってしまいました。1/30 8:00撮影

 
  1月30日   街路の植木鉢

 

 

 街路樹が並んだ間あいだに、鉢植えの花々が並んでいます。花の無い時期にホッと一息つかせます。 

 
  1月29日   橋脚

 

 

 昭和初期に作られたJR高架線路で、現役で頑張っています。鉄板を張り合わせ柱としていますが、足の部分には飾りが入っています。有楽町駅前にて 

 
  1月28日   水仙

 

 

 有名な亀戸天神の太鼓橋です。梅が満開になるにはもう少し時間が掛かりますが、水仙は今が見頃。太鼓橋によく映えています。

 
  1月27日   梅一輪

 

 

 「梅一輪一輪ほどの暖かさ」 松尾芭蕉の弟子服部嵐雪の句  

 

 

 「早咲きの紅梅も咲いて一分咲き」 吟醸 亀戸天神にて 

 
  1月26日   鷽替え神事


 亀戸天神では鷽替え神事が行われています。今まで1年の悪い事をウソに替えて、今年はいい年でありますようにと、新しいウソの木彫りを求めます。1時間以上の長い行列が続いています。

 
  1月25日   葉ボタン

 

 

 花が咲く前の葉の色合いの美しさを見せつけています。造型の美というか、色のグラデーションが素敵。冬の美しさの一つでしょう。

 
  1月24日   マーガレット

 

 

 我が家のマーガレット。冬になると元気になって花を付けて目を楽しませてくれます。風の子です。

 
  1月23日   寛永寺・五重塔

 

 

 今は寛永寺の手から離れて、上野動物園の敷地の中にあります。写真を撮っているところは東照宮の参道で両側は桜並木になって、花の時期は大変な人出になりますが、今は枝ばかりで寒々としています。でも五重塔は全身を現し見頃です。 

 
  1月22日   かんこどり(諫鼓鳥)

 

 

 東照宮にある諫鼓鳥の透かし彫り。中国の故事から、皇帝が朝廷の門前に太鼓を置き、政治に誤りがあるときは人民にそれを打たせ訴えを聞こうとしたが、善政のため打たれることは無く、太鼓の台座は苔むし鳥が住み着くほどであったという。ホントだとしたら良いですね。今だったら、うるさくて寝ることも出来ないでしょう。

 
  1月21日   上野・東照宮


  

 ここは藤堂高虎と天海僧正が建てた、東照宮で家康公(東照大権現)を祀っています。本殿は金色殿と呼ばれ、国の重文になっています。最近、金箔を張り直し数年掛けて補修されました。近くから見ると金色がまぶしいばかりです。 

 
  1月20日   梅が・・・

 

 

 

  梅がつぼみを付けて、咲く時期を見計らっています。盆栽の梅ですから床の間で春を先取りしています。

 
  1月19日   

 

 

 温かい光に照らされて、植木が影を落としています。

 
  1月18日   東京タワー



 東京タワーが受験生のために合格祈願のライトアップをしています。「サクラサく」にちなんで桜色に点灯されました。17.18日のセンター試験に合わせての応援です。写真右奥に点灯された東京タワー、左奥に隅田川最下流に架かるレインボーブリッジが白くライトアップされています。手前の川は荒川放水路。
 
  1月17日    枯れ木も山の賑わい

 

 

 近くの公園ですが、落葉樹は完全に葉を落とし、枝だけになって、寒風に吹きっさらしになって、なお寒々としています。

 
  1月16日    寒桜

 

 

 冬も真っ只中に、春への足音が聞こえるようです。



 HOMEに戻る   続き(1月上旬)のページに

inserted by FC2 system