.

 

 

 

 

吟醸・最近思う事 2015年

 

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

8月上旬へ
  7月31日   ヤマゴボウ

 

 

 ブドウのように垂れ下がった実を潰すと、真っ赤な汁が出てきます。有毒だと言われていますが、赤インク代わりに使われたと言います。雑草でしょうが、子供の頃を思い出させる草です。

 

 
  7月30日   高層ビル

 

 

 高層マンションですが、真夏の太陽を浴びて暑そうに輝いています。

 
  7月29日   日本野球発祥の地

 

 

 本郷にある東京大学は産声を上げたときには、ここ一ツ橋にありました。その学生に最初に野球を教えのがこの場所であったのです。ここで野球を覚えた若者達が日本全国に散って行って、野球を広めていったのです。正岡子規も熱中して、野球、走者、投手、捕手・・・等の日本語を作りました。
 今、高校野球の甲子園に向けての予選が各地で開かれています。この暑い最中、文字通り熱戦が繰り広げられています。相撲以上に国技の感が有ります。

 
  7月28日   岐阜県利き酒会

 

 

 どの県でも、時代遅れの酒を大事そうに造り続けている蔵元もあれば、最先端の考えを持って地域の酒を牽引している蔵元もあります。まだまだ発展途上の蔵もありますが、今回の秀逸の酒だったのは、2本有りました。奥飛騨酒造の「初緑」純米大吟醸(和紙ラベル)¥3080(四合瓶)。御代桜醸造の「津島屋」純米大吟醸備前雄町¥3500(四合瓶)。高いなんて言わないで下さい、手頃な値段では・・・、無いのです。

 
  7月27日   忠犬ハチ公

 

 

 忠犬ハチ公は渋谷駅前に銅像になって、待ち合わせの名所になっているのでも有名です。その本物が剥製になって国立科学博物館に飾られています。白くて立派な秋田犬です。

 
  7月26日   お疲れ

 

 

 今日も国立科学博物館からですが、しっかり展示物を見たら一日では回る事は出来ないくらいのボリュームがあります。お母さんは元気で夢中なのですが、子供はごらんのように夢の中です。

 
  7月25日   国立科学博物館

 

 

 

 博物館自体が重要文化財になっています。天井部分とステンドグラスから漏れる光が綺麗ですし、階段の曲線が美しい。

 
  7月24日   土用丑の日

 

 

 土用の丑の日。栄養価満点ですからこの時期に鰻を食べるのも良いでしょう。でも、鰻にとって厄日で、鰻屋さんに聞いたら、一年で一番売れる日、クリスマスケーキのようにこのチャンスを逃がしたら、商売人失格だと言います。「十二ヶ月年中江戸風俗」山本養和画。

 
  7月23日   花火の準備完了

 

 

 隅田川華美大会が今週の土曜日に開催されます。浅草寺の北側隅田川に架かる言問橋では、当日通行止めになるので、一休さんではありませんが、人は橋の中央を通る事になります。その準備は完成しています。

 
  7月22日   丸い郵便ポスト

 

 

 今の四角いポストになって月日が経ちます。私の子供時分は皆この形のポストでした。懐かしさがあったので展示物の一つかと思って見てみるとちゃんと使えるから驚きです。都内でも両の手で数えられるほどでしょうね。両国・江戸東京博物館にて。

 
  7月21日   都会の若者

 

 

 子供に乳を与える母親の像の前で、黙々とスマホに没頭する若者。回りの雑踏には心が向いていません。

 
  7月20日   虹が出た



 台風一過でしょうね、雨が夕方に止んで明るくなってきたら東の空に虹が出ました。半円を描いて地平線に食い込んでいます。
 気象庁は19日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。これからが本格的な夏です。
 
  7月19日   利き酒会

 

 

 青森県の酒造組合が催した利き酒会でした。今更という「豊盃」は来ていませんでしたが、氷で冷やした冷酒も旨いし、常温では厚味が出て、燗をすると心を包んでくれる竹浪酒造の「正宗」が良い。今年から若い杜氏に変わり生き生きとした旨さがほとばしる「八仙」が旨い。青森の中で、この二蔵が秀逸。 

 
  7月18日   写真の首だし看板

 

 

 観光地によくある顔だけ出して写真を撮るものです。現在大相撲名古屋場所が開かれていますが、実力は別にして人気第一の遠藤です。同じような物が幾つも並んでいますが、そのどれもが遠藤です。
両国国技館で。 

 
  7月17日   台風11号接近


 台風11号が接近して駅のコンコースをびしょ濡れにしています。建物に沿った屋根下を歩く歩行者。スゴイ勢いで振ったり、青空が出たり、忙しい一日です。

 
  7月16日   池袋駅の彫刻

 

 

 「母子像」。人の流れが無機的になっている中に、彫刻があるとホッとします。 

 

 

 



 HOMEに戻る   続き(7月上旬)のページに

inserted by FC2 system