.

 

 

 

 

吟醸・最近思う事 2016年

 

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

3月上旬へ
  2月29日    フイッシングメール

 

 下記のようなメールが届いています。これは全くの偽物ですので、アカウントのIDやパスワードは絶対に書き込まないでください。 発信先のアドレス mp@resona-gr.co.jp

 

【メール内容】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

りそな銀行から重要なお知らせメール 

 

2016年「りそな銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。

<http://www.jznthvac.com/images/>本人認証サービス

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

なぜ判るかというと、

・本人認証サービスのアドレスが、りそな銀行と違います。

・この様な大事な事柄は、こんな単文のメールでは来ません。

・日本語として可笑しいところがあるでしょ。

・不特定多数の人に送っているため、私のように口座を持たない人間にまで来ています。
・自行のミスをお客さんに責任転嫁して、認証させるなんて事は絶対に有りません。

 

もう一度言います。絶対にアクセスしてはいけません。

心配なら、りそな銀行に直接問い合わせてください。 

 
  2月28日    水仙

 

 

 神話によると、ナルキッソスは、その美しさにさまざまな相手から言い寄られ、ニンフのエコーを失恋させた美青年。ついには、そんな彼への呪いを聞き入れた復讐の女神ネメシスにより、水鏡に映った自分自身に恋してしまった。水面の中の像は、彼の想いに決して応えることはなく、彼はそのまま憔悴して死んだ。そして、その体は水辺でうつむきがちに咲くスイセンに変わった、という。ここから、自分自身を愛することを”ナルシスト”と言うようになりました。

 
  2月27日    ヒヤシンス

 


 Hyacinthus(ヒヤシンサス)の名は、ギリシャ神話の美少年「ヒュアキントス」から。太陽神アポロンに愛されたヒュアキントス少年がアポロンと円盤投げで遊んでいたとき、円盤が頭に当たって死んだ。血に染まった草の中から1本の花が咲いたのがヒヤシンスだったとのこと。 後年、各色の花が作られたのですが、赤い色が一番似合います。
 

 
  2月26日    梅は咲いたが桜はまだかいな


 日本気象協会が発表した桜前線です。第2回の開花予想によると、前回発表より早まって東京では3/31が
3/25に変更になっています。全体的に早まって福岡、高知、名古屋、東京で、3月25日頃に一斉にスタートしそうです。

 
  2月25日    香梅園の梅2

 

 

 まだまだシーズンの途中だというのに、足元に多くの花の精が舞い降りています。

 
  2月24日    香梅園の梅

 

 

 墨田区の香取神社の梅園は「香梅園」と言います。梅の本数と密度が他の梅園を凌駕しています。梅の香りが押し寄せてくるほどです。

 
  2月23日    亀戸天神梅まつり


 亀戸天神の梅まつりが開かれています。境内には平日にもかかわらず参拝者の多いこと。

 
  2月22日    亀戸梅屋敷

 

 

 梅が各地で咲き乱れていますが、ここは亀戸梅屋敷。将軍吉宗が自らの愛樹をここに預け植えたのが発端とされているが、その梅が後に「臥竜梅」と呼ばれたもの。木の丈はそれ程高くはないけれど、枝が四方にはりだし、半ば地中に入り、また、地中より出て、枝茎を生じ、どこが幹なのか判然としない、要するに、その全体の形状が竜が蟠り臥すに似ているというのである。また、花の色については、「少し薄紅」とも「重弁潔白」ともあり、要するにその香りは深く、いたって尋常ではないと言われている。明治に入って台風により冠水し、梅木が全滅し廃園になってしまった。

 右の女性が持つのが繭玉。左の女性が頭に差した卯の札の御札。亀戸天神の帰り道なのでしょう。歌川重宣画。広重など多くの画人がここをテーマにして描いています。

 
  2月21日    対岸の河津桜

 

 

 河津桜の下には人が集まってきます。

 
  2月20日    河津桜

 

 

 

 桜のトップバッター河津桜が満開になりました。青空に似合う濃いピンクが川面に映えます。

 
  2月19日    タクシーメーター検査場

 

 

 タクシーの料金メーターは一年に一回検査を受けなくてはいけません。タイヤをローラーの上に乗せて実走させて、その正誤を判定しています。車検と同じように既に整備されてここに来ていますから、不合格車は滅多に出ません。

 
  2月18日    若葉

 

 

 枯れ枝かと思うぐらい、何も無い小枝から、米粒ぐらいの春の息吹が聞こえてきました。 

 
  2月17日    桜丘寄席

 

 

 素人落語集団「杵柄会」が毎月、千歳船橋の桜丘文化センターで寄席を開いています。毎回満員で、今回も満員。出演者のレベルが高いからなのでしょうね。http://www.geocities.jp/kineduka_yose/ 

 
  2月16日   

 

 

 寒い日の日なたぼっこは、柔らかい日差しと春の香りの特等席で・・・。

 

 



 HOMEに戻る   続き(2月上旬)のページに

inserted by FC2 system