.

 

 

 

 

吟醸・最近思う事 2016年

 

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

10月上旬へ
  9月30日   

 

 

 池の鯉が群有しています。色がランダムで池の水が染まりそう。 

 
  9月29日    隅田川で釣り

 

 

 「夕涼み永代橋遊漁の図」 三代歌川豊国画。 永代橋は江戸時代隅田川に架かる橋の最下流にあった。これより下流は海で、霊岸島、越中島、石川島、佃島(中央奥の島)等があって、シラウオも取れた豊富な漁場であった。左側にはプロの漁師、右側には舟遊びで釣りをする人が描かれています。
 現実の世界ではハゼ釣りが始まっています。

 
  9月28日    キンモクセイ

 

 

 どこからかイイ香りが漂ってきたと思ったら、この金木犀からです。

 
  9月27日    彼岸花

 

 

 

 

 曼珠沙華は彼岸の頃に咲くといわれ別名を彼岸花。今が盛りと咲いています。彼岸花に見とれるのは私だけでは無いようです。

 
  9月26日    伐採

 

 

 公園の木々も冬に向かって、頭を刈り上げています。緑が薄くなっていくのが何かうら寂しい。

 
  9月25日    イグ・ノーベル賞受賞

 
 

 

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)時事】独創的でユーモラスな研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の2016年の授賞式が22日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれ、両脚の間から顔を出して逆さまに物を見る「股のぞき」によって、視覚に変化が生じることを実証した立命館大文学部(京都市)の東山篤規教授(65)と、大阪大人間科学部(大阪府吹田市)の足立浩平教授(57)が「知覚賞」を受賞した。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は10年連続。

 日本三景の一つ、天橋立(京都府宮津市)では、股のぞきで景観が変わるのを楽しむ風習が残っており、昔から姿勢によって視覚が変化することは体感的に知られてきた。

 東山教授らは実験で、大きさが異なる5種類の三角形の板を用意。被験者から2.5〜45メートル離れた地点に置き、姿勢の違いによって板の大きさと距離がどのぐらいに見えるかを尋ねた。

 その結果、直立して見た被験者が板の大きさをおおむね正確に言い当てたのに対し、股のぞきをした被験者は実際よりも小さいサイズを答えた。距離についても、股のぞきでは遠くの物が近くに見えるなどの結果が確認されたという。

 授賞式に参加した東山教授は「日本の学会で発表した時は、ほとんど反響がなかった。人の関心を引かない研究だと思っていたが、褒めてくれる人がいて良かった」と話した。

 

 
  9月24日    願掛け

 

 

 母親に連れられ、石仏に願を掛ける親子。

 
  9月23日    五重塔改修工事

 

 東北の大地震で火焔の一部分が落下していました。どうやって直すのかと思っていたら、足場を組んで、大々的に工事です。この際ですから瓦をチタンに変えて、外壁を塗り直すと言います。あと一年ぐらい掛かる大工事です。 浅草寺五重塔改修工事の現状。

 
  9月22日    岩手県利き酒会

 

 岩手県の利き酒会が業者向けに池袋で開催されました。岩手県産の酒造好適米・結の香を使った酒が多く出品されていますが、山田錦を上回る旨さを出しています。これから多くの絶品酒が出て来ることでしょう。

 
  9月21日    台風16号関東通過


 台風16号が九州南部から四国、紀伊半島を抜けて東海をなぞりながら東京を通過しそうです。夜に入って、人もまばらになって、これからがピークです。
と、予報で脅かされていたら、浜名湖辺りで、太平洋に逃げ出して温帯低気圧になってしまいました。東京は静かな夜を迎えています。

 
  9月20日    おみくじ

 

 

 おみくじの結果を友達と見せ合い、一瞬顔がほころぶ娘さん。 

 
  9月19日    浅草・花やしき

 

 

 浅草名物、小さな遊園地の「花やしき」。遊園地のシンボルとも見られるこのゴンドラを吊り下げるタワーが、寿命で取り壊しになります。ひとつの時代が終わろうとしています。 

 
  9月18日    秋の色

 

 

 生け垣の草も、まだら模様で、普段の緑の葉先が、紅色に変わっています。

 
  9月17日    猫じゃらし

 

 

 まだまだ、台風の影響でしょうか、天気が定まりません。狗尾草(えのころぐさ)に付着した水玉が光っています。猫の尻尾のような、子犬の尻尾のよな愛らしい名前だが、穂先だけを切り取ってにぎったり緩めたりすると、手の中で前進する。まるで生き物ようです。

 
  9月16日    夏みかん?

 

 

 子供の頭ほどのカボチャが木になっているような、大きさとゴツゴツ感。食べたら・・・どんな味なのか。

 

 



 HOMEに戻る   続き(9月上旬)のページに

inserted by FC2 system