吟醸・最近思う事 2017年

 

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

9月上旬へ
  8月31日   松ぼっくり


 早い秋を見つけた。

 
  8月30日   天然水仕込み


 発泡酒の金麦ですが、最下段にアルコール度数5%と、『天然水仕込み』と入っています。5%がアルコールで残り90数%までが水で出来ていますが、その水が天然水だと断っています。日本酒でもウイスキーでも皆、醸造のための水は天然水だと思っていましたが、違う水があるんですね。表示がないビールは、そんな水を使っているのでしょうか。

 
  8月29日   百日紅


 街路樹のサルスベリが満開になっています。と言ってもサルスベリは百日紅と書くように百日間紅色の花を咲かせています。街中の紅色は目立ちます。

 
  8月28日   街角


 銀座6丁目交差点。左側はオープンしたてのG SIX(ギンザSIX。カシオのG-SHOCKではありません)、元松坂屋を建て替えた最新のビルです。デパートとは違って1階正面には世界のトップブランドショップが軒を並べていますが、その角で記念撮影する外国からの観光客がいます。

 
  8月27日   エスカレータ


 銀座の新しい建物、ギンザSIX のエスカレーター。金属とガラスで出来た、近未来的な表情を見せています。

 
  8月26日   銀座4丁目交差点


 銀座もだいぶ様代わりしてきました。私が立っている角に有る有名な和光、写真の右側の円筒形のビルが三愛ですが、どれも数10年以上経っているビルですが、左側の斬新な建物が日産自動車ショールーム。新橋方向(銀座通り)、道路奥の四角く大きなビルが、最近オープンした元銀座松坂屋の複合ビル・ギンザSIXです。何処も外国のファッションメーカーの店舗が並び、入口にはキチッとしたスーツを着こなしたガードマンもどきの店員が立っています。

 
  8月25日   セミ


 私の目の前で鳴きだしたアブラゼミ。アブラゼミに変わってミンミンゼミが鳴きだしています。季節が変わり始めています。それにしても暑い。

 
  8月24日    陶芸個展

 熊本から地震の傷跡もやっと癒えて銀座で個展を開いています。宇土秀一郎氏の作品で、秀星〜shusei〜。手でこねた土がそのまま器になっています。手の指で段差をこしらえ、アクセントにもなっていますが持ちやすく、持って驚くのが軽いことです。作者に聞くと裏側やその他に付いた不要な土を極限まで取り除いているからだと言います。個展期間は8月23日(水)〜28日(月) 11:00-19:00(最終日16:00迄)
ギャラリー銀座 2階 中央区銀座2−13−12。歌舞伎座裏。
銀座より徒歩6分 東銀座のほうがチョイ近い 新富町からも6分位。
若い陶芸家を応援します。彼のホームページhttp://blog.goo.ne.jp/shusei1970/e/ee65a25b82d1f81af4f1f6776e0348f5 

 
  8月23日    鳳凰


 御輿蔵の中の、鳳凰がガラスに写って、今まさに境内の空に飛び立とうとしています。

 
  8月22日    氷の彫刻


 氷の彫刻世界チャンピオンの井上 仁さんの作品。目の前でカッターを使って切り出された彫刻の芸術、この躍動感がなんとも素晴らしい。墨田区・錦糸公園にて。

 
  8月21日    すみだストリートジャズフェスティバル


 20日まで開催されていた、第8回すみだストリートジャズフェスティバル。毎年出演者もファンも大勢集まり、非常な高い熱気を帯びています。写真は牧野竜太郎BANDの演奏風景で、お客さんを巻き込んで異様な盛り上がりを見せています。年に1回、生の演奏が聴けるなんて、何と贅沢なことでしょう。

 
  8月20日    人力車夫


 浅草寺前には観光用の人力車が走っています。乗ってみたくなってしまう女性の車夫(婦)ですが体力的に女性に引かせるのはかわいそう。でもでも、私より健康そう。

 
  8月19日    雷門


 どっかおかしくありませんか?そうなんです。ただ今、浅草・雷門は改修作業中なんです。正面の雷門はシートに写真を張ったもので、本物より本物らしい。本堂近くに有る五重塔はおめかしも出来て、今度はここ雷門の屋根を中心に改修工事です。

 
  8月18日    リホーム


 一瞬頬が緩む、この広告看板の秀逸なこと。深川にて

 
  8月17日    たこ足のような大木


 年月を感じさせる木の幹の流動感。硬さより柔軟さを感じさせます。

 
  8月16日    旧中川灯籠流し


 江東区と江戸川区の区境に流れる旧中川。東京大空襲の時、亀戸のこの辺りは空襲で焼け野原になった地域で、この旧中川で火焔を防ぎ、対岸に渡ろうと思った人々の三千人を上回る人々が、火焔と水難で死亡しました。それを弔うため毎年8月15日に灯籠流しが行われます。今年は直前に大雨が降っていましたが、この時間には上がって、例年通りの灯籠流しが出来ました。



 HOMEに戻る   続き(8月上旬)のページに

inserted by FC2 system