吟醸・最近思う事 2018年

 

 

 思う事が少なくなってきた年頃ですが、頭の運動にキョロキョロしながら身近な話題を伝えていきたいと思います。疑問・励まし・ご意見がありましたら  「掲示板」  に書き込んでください。そこから話題が広がれば”また楽しや”です。

 

2月上旬へ
  1月31日     石組みの草


 石組の壁の隙間から緑の葉を出した草で、シダ類なのでしょうか? こんな環境の悪いところにも命があるんですね。 

 
  1月30日     おみくじの木


 おみくじが木にいっぱいなっています。まるで雪が降ったようですが、持ち帰りたくないおみくじなのでしょうね。

 
  1月29日     キンクロハジロ


 冷たい(?)水の中で羽繕いをしています。冷たくないのでしょうかね、水鳥って。
でも、キンクロハジロって、北の方からの渡り鳥で、その北の国よりここは暖かなのですが、日本列島記録的な極寒がこれから続くと予報で入っています。 さあ〜どうする。

 
  1月28日     霜柱

 我が家の近くのマンションの生け垣に、こんな長い霜柱が立っていました。都内でこんなに長い霜柱はみませんでした。まだまだ寒いぞ。

 
  1月27日     噴水

 日比谷公園のツルの噴水につららが下がっています。 寒いはずです。

 
  1月26日     鷽替え神事

 亀戸天神で行われた鷽(うそ)替え神事。残雪も残る寒い中、多くの参拝者が木彫りの鷽を求めてやって来ます。今までの1年間の悪い事はウソに変えて、新しい鷽に交換します。

 
  1月25日     雪の翌日U


 雪の解ける早さが早くて、表通りは普段通りです。雪の上にサザンカは花びらを落としていますが、パンジーは雪の下から顔を出しています。

 
  1月24日     雪の翌日



 犬でしょうか、猫でしょうか、誰もまだ歩かないのに白い雪の上に、痕を付けたのは。

 
  1月23日     東京の積雪



 東京に初めての積雪です。上、22日午後4時頃の雪。下、5時頃の雪景色。たった1時間ぐらいで地面は真っ白になってしまいました。大雪警報が出ています。

 
  1月22日     ビンを風呂敷で包む  


 酒瓶を洒落た風呂敷に包んで、ディスプレーにもお土産にも使える包み方です。風呂敷って物を包むには万能な事が良く分かりました。忘れない内にもう一度練習です。

 
  1月21日    ユージンスミス展


  生誕100年記念展・W.ユージン・スミス(1918-1978)は、写真史上、もっとも偉大なドキュメンタリー写真家のひとりです。グラフ雑誌『ライフ』を中心に「カントリー・ドクター」、「スペインの村」、「助産師モード」、「慈悲の人」など数多くの優れたフォト・エッセイを発表し、フォト・ジャーナリズムの歴史に多大な功績を残しました。
 東京都写真美術館で開催中。
 写真は沖縄戦で重傷を負って、アメリカの家族の元で療養中に子供を撮った一枚。「楽園への歩み、ニューヨーク郊外」1946年です。ポスターより。

 
  1月20日     豊田満夫氏


 手拭いコレクションをした豊田満夫氏です。当時はそんなに大した物では無かったものが、時間を経て系統立てて展示されると、一つの物が見えてきます。

 
  1月19日     手拭いコレクション


 手拭い染工場で働き、定年になってから集めた染め物をコレクションの中からその一部を公開した展示でした。あの大メーカーや大手も過去にはこんな手拭いを配っていたんですね。

 
  1月18日    寒梅

 『梅は咲いたが桜はまだかいな』 早咲きの梅が咲き出しました。”大寒”が近づき、まだこれから雪が降ろうかという寒さですが、春の桜が待ち遠しい、季節の前触れの寒梅です。

 
  1月17日    世田谷ボロ市会場までの電車


 二両編成の可愛い電車。東急世田谷線の可愛い猫顔の電車でやって来たのが世田谷ボロ市。ぎゅうぎゅう詰めの車両で顔の可愛らしさとは雲泥の相違。

 
  1月16日    世田谷ボロ市


 世田谷ボロ市は有名すぎて、平日にもかかわらず大混雑。店を覗くより歩くだけで精一杯の状態。会場を往復しようと思ったいましたが、片道通過しただけで、根負けして会場を後にしました。まるで、通勤ラッシュなみの混雑で、トイレも長蛇の列、食べ物屋さんにも列、列の行列、電車も超満員。よく人が集まったものです。



 HOMEに戻る   続き(1月上旬)のページに



inserted by FC2 system